◇つくば市

2006年01月27日

初めての店 06.1月 地図中央の赤い十字が店の位置

◇並木ショッピングセンター内にあった蕎麦店が、つくば北西部に移転し、新築した店舗が、2005年12/23にオープンした。

場所は平塚学園線から、高野十字路で南に折れて約200m行ったところにある『豊里の杜(もり)』という新興住宅地の近くにある。Y字交差点に面した和風の平屋建てで、玄関には暖簾の代わりに藍染めの衣がかかっていた。建物脇に4〜5台分くらい止められる駐車場があった。

店主は、山形の蕎麦打ち名人大会で優勝した人。玄関脇に設けられたゆったりしたそば打ち部屋をガラス越しに眺めながら入った。

店内は横長で、客席は玄関側と奥側の両方に窓があって明るい。正面〜左手奥のL字型の空間がテーブル席コーナーになってて、左手前側に宴会もできそうなお座敷があった。

右手が広めの厨房になっていて、店主と女性従業員が2〜3人働いてた。

客 席には大小の光沢ある塗りの飾り柱や、原木を加工したテーブルなどが置かれてて、こだわって造りあげた感じ。そこに、家庭的なダイニングテーブル(4人用 ×1セット)、客席と厨房の間の下がり壁には、レースの透ける布があしらってあったりして、奥さんの関与も感じられて、夫婦で仲良く造りあげたみたい。

女性従業員に案内されて席についてメニューを見ると、ランチメニューができてた。

■ランチメニュー(平日11:30〜14:30)
・豊里ランチ¥800…せいろ、小鉢、季節のごはん、サラダ
・東光ランチ¥1450…鴨せいろ、小鉢、季節のごはん、サラダ

■常時メニュー
・もり¥580
・おろし¥730
・とろろ¥830
・天せいろ¥1280、(上)¥1900
・鴨せいろ¥1280

・かけ¥580
・あさり¥800
・にしん¥800
・玉子とじ¥700
・けんちんそば(うどん)¥780
・とろろかけそば¥830
・天ぷらそば(うどん)¥950
・鴨南蛮そば(うどん)¥950
・鍋焼きうどん¥1200

・梁御膳¥2300
・姫御膳¥1600

少し考えて、豊里ランチ¥880、東光ランチ¥1450を注文した。

店内は、近所からきたらしき年配の男性グループなどでにぎわっていた。

ちょっと待ってたら、トレイに載った2種のランチが運ばれてきた。

豊 里ランチは、せいろそば、山菜ごはん、煮物、サラダ、漬物が付いていた。せいろは薄緑色の細打ちそばで、風味とのどごしがよかった。色が少し薄めのつゆ は、若干熟成が足りないようにこ思うがすっきり後口がよく、化学調味料などを使っていない感じ。山菜ごはんは薄味仕立てで、まぜごはんのよう。煮物は拍子 切りの人参・大根とさつまあげを煮たもので、ほんのり温かかった。

豊里ランチのせいろを鴨せいろにしたものが東光ランチ。鴨汁に入ってた鴨肉は本鴨のようで肉質がしっかりしてた。

常時メニューの天せいろは、えび・なす・パプリカ・春菊・オクラ・舞茸・れんこんなど10種の天ぷらが載っていて楽しめる内容。

晩秋〜冬の頃が、新そばらしい味と香りとが楽しめて、夏より断然そばの季節って感じ。おすすめ度7.2。

◇テーブル席4人×2、6人×3、座敷席4人×1、10人×2



tsukubalunch1 at 18:32コメント(0)トラックバック(0) 

2002年08月30日

02.8.30  初めて行った店
テクノパーク桜   地図中央の赤い十字が店の位置
つくば市桜3-6-4 tel 0298-57-7691

◇外壁は白、柱や窓枠などがこげ茶の建物で、玄関前に鉢植え植物がたくさん置いてあった。

玄関入ると、正面のカウンター(2席)内に店主がいて、左手はテーブル席(4人×4、5人×1、2人×1)になっていた。

玄関右手は、目の大きな金網(開閉戸になってるみたい)があって、その先は普通の家のダイニングみたいな空間。こまごました物が いっぱい載ってるテーブルがあって、そこには赤ちゃんとそのお母さんが座っていた(店主の娘さんと孫みたい)金網の裏手には階段も見えたので、ここは店舗 併用住居なのかも。

メニューを見ると、定食系メニューは日替わり¥800が1種だけだったので、それに決めた。
注文時に、玄米ですか胚芽米ですかと聞かれたので、玄米を選んだ。

料理はカウンターの奥の方で店主の奥さんが作ってるみたい。店主はカウンターのところで、コーヒー用の(茶色の結晶)砂糖を器に移したり、トレイの上に準備のできた料理をのせたりしていた。

しばらく待ってると、トレイで料理が出てきた。
煮魚(かつお)、玄米ごはん、舞茸のみそ汁、ゴーヤ単品の(揚げびたし?)、スパサラ、うりのじゃこのせ、ひじきと切り干し大根のミックス煮、冷ややっこと小鉢が5つも付いて、品数の多い定食だった。

煮魚のかつおは、12cmくらい塩鮭みたいな形状の切り身だった。生姜のはいった甘からの味で煮てあったが、脂があまりのってない感じで、ぱさぱさした食感だった。

玄米ごはんは、赤っぽい(ところどころにうすい黄色もはいった)色をしてて、ちょっとぬかのにおいがした。(今頃が、年間で最もお米の状態がよくない季節なので、新米出た頃くればよかったなあ)

舞茸のみそ汁は、まろやかな味だった。ゴーヤはこういう食べ方もあるんだなって思ったけど、苦みが口の中に広がるので、私はゴーヤ はチャンプルの方が好き。スパサラのスパゲッティは、どれも3cm位とすごく短くて、スパサラを食べてる充実感はいまいちだった。うりのじゃこのせは、塩 漬けされたうりとちりめんじゃこの塩分が重複して、さらにしょうゆもかかっていたので、しょっぱかった。

ひじきと切り干し大根のミックス煮は初めて食べた。ひじきの風味の方が強くて、切り干し大根との味のぶつかり合いのない味だった。

食後のコーヒーには、一口サイズのチョコとのりせんべいがついていた。
じーじと呼ばれ、店主は嬉しそうにしていた。

玄米or胚芽米と魚や野菜を使った家庭的な定食なので、健康にいい感じ。おすすめ度6.9。

◇ランチタイム11:30〜     木定休?
◇日替わり¥800(ドリンク付き)
◇テーブル席4人×4、2人×1、5人×1、カウンター席2? ◇駐車場…4台?



tsukubalunch1 at 20:56コメント(0)トラックバック(0) 

2002年08月04日

02.8.4 初めて行った店
つくば市天久保2-2-4 tel52-4363 地図中央の赤い十字が店の位置

◇店の窓にラーメン¥350という貼り紙が目にとまったので行った。
居酒屋や韓国家庭料理などの店舗が入ってる2階建てビルの1階にある。ビルのすぐ目の前の砂利敷きの大きな駐車場は、2階の居酒屋用のみたい。この店の駐車場は、店先の4台分のみたいだったので、そこに車を止めた。

店内は、床材・テーブル・(下町の飲み屋にあるような)円柱形の椅子などが赤茶系の色で妙にまとまっていた。レジの後ろの棚はガランとしてて、簡素な感じ。左手側の壁の上方には、メニューの紙がずらっと並んでいた。

カウンター奥の厨房にいた50代位のちょっと強面の男性が店主みたい。接客係は40代位の女性が1人いた。
カウンター(席はない)のところには、小さな唐草プリントの丈の短いのれんがかかっていて、古風な感じ。

席に着いてメニューを見たら、ラーメンが¥450となってたが、今はサービス価格の¥350とのこと。メニューの種類は豊富で、酢 豚や麻婆豆腐などの定食も¥700〜800位と価格も手頃。冷やし中華もあって¥650。割引になってる今日のおすすめ定食(鶏からあげの酢豚風) ¥750とラーメンを注文。

厨房から、揚げ物をしてる音などが聞こえてきた。店主は、調理の合間に接客係の女性と笑顔もまじえて話をしてた。

料理を待ってる間に、たてつづけに単独の男性客が3人ほど店に入ってきた。Tシャツ、短パン、サンダル履きで、まだ寝起きみたいな顔つき。近所のアパートに住んでる人たちみたいだ。

トレイで鶏酢豚が出てきた。ご飯、みそ汁、漬け物がついていた。
鶏酢豚は、文字通り鶏肉で作った酢豚で、鶏肉以外の具が、たまねぎ、人参、ピーマンとすごくシンプルに作ってあった。肉にはしっかり下味がついていた。甘 からのたれはバランスよかった。野菜類は油通ししてあって、火が通ってるのにシャキシャキした歯ごたえがあって、熱々でいい出来だった。
みそ汁は、やや薄味だった。漬け物は、千切りの桜漬けだった。

ラーメンは、麺は細い軽い縮れ麺で、スープは背脂が少し入ってる醤油色中くらいでわりと澄んだ感じ。具は焼き豚1枚、メンマ、のり、長ネギ。

焼き豚はバラ肉のロールタイプで、肉に味が浸みていた。細めのメンマは歯ごたえがあった。だしの風味はやや薄い感じで、スープの量が麺にかぶるくらいとやや少なめだったが、思ってたよりずっと普通のラーメンだった。

建物が古めで、飾り気のない店だが、真面目に作った生活密着型の中華が熱々だった。おすすめ度7.2!
◇火曜定休
◇ランチメニューは特にないみたい。みそラーメン¥550、チャーハン¥530、中華丼¥580など。
◇テーブル席4人×6、8人丸テーブル1 ◇駐車場…4台?



tsukubalunch1 at 21:14コメント(0)トラックバック(0) 

2002年08月03日

 02.8.3    前回01.12.13
テクノパーク桜     地図中央の赤い十字が店の位置
つくば市桜3-3-1 TEL0298(57)9843

◇先日行った時、臨時休業していて残念だった。
今日こそは!と出かけたら、土曜日のためか思ったより混んでなかった。

季節によって、魚系のメニューは変わるみたい。前回は冬だった。
今日は、いわしのしょうが煮定食¥700、セット(チキンチーズかつ&いわししょうが煮)定食¥800、かんぱちの刺身定食¥900、銀だらの煮付け定食 ¥800、刺身盛り合わせ定食¥1000、チキンカツ定食¥700など10種あまり。その中から、セット定食を選んだ。連れは銀だらの煮付け定食。

カウンター内にいた、ひげの50才位の男性が店主かも。(隣にいた40代の女性は奥さんかもしれない)
この前は、接客係は女子大生っぽい若い女性が多かったが、今日はそれより少し年代の高い女性陣だった。

そんなに待たずに料理が出てきた。
チキンチーズかつは(10×7cm位とこぶりなサイズ)揚げたてで、中のチーズがとろり溶けていた。さくっと油ぎれもよかった。添えてあった千切りキャベツには、オレンジ色のドレシッングがかかっていた。

別皿に、いわしのしょうが煮1匹のっかっていた。頭と内臓が取り除いてある、10cmくらいのいわしだった(千切り生姜とともに煮 てあった)。程良いしょうがの風味が何とも夏らしい感じ。いわしの鮮度がとてもよくて、小骨も気にならなかった。いわしって安価な魚だけど、ご飯のおかず にはぴったり!(頭も良くなるし!).。炊きたてご飯が小どんぶりによそってあり、わかめと豆腐と卵のみそ汁は家庭的な味だった。白いたくあんが2枚付い ていた。

銀だらの煮付け定食は、煮付け、小鉢(切り干し大根)、ごはん、みそ汁、漬け物が付いていた。
銀だらは、甘さからのたれがちょうど良く、身もふっくら。小鉢の切り干し大根煮は、甘口の味付けだった。(たしか、前回の小鉢も甘めの味付けだったような記憶が…)

店内には主婦層の女性の姿が多かった。内容・量的に落ち着いた雰囲気の定食なので、若者よりもビジネスマンに受けそうな店。おすすめ度7.8。
◇昼の営業時間 11:30〜13:30 日・祭定休
◇チキンかつ定食¥700銀だら煮付け定食、¥800、刺身盛り合わせ定食¥1000など。
◇テーブル席4人×5、カウンター席3、その他に2階にも席 ◇駐車場…20台くらい



tsukubalunch1 at 21:15コメント(0)トラックバック(0) 

2002年08月02日

 02.8.2 初めて行った店
つくば市東光台2-10-15 TEL0298(47)5020 地図中央の赤い十字が店の位置

◇東光台の研究所が建ち並ぶ通り沿い、飲屋街みたいな建物の角にある。
とんかつ店と思って行ったが、玄関前に出してあったメニュー板には、とんかつ系のメニューはかつ重¥800だけで、それ以外はさんま焼き魚定食など居酒屋のあるような定食メニューだった。

店内は左手がカウンター(8席)で、右手がお座敷席(4人×3)になってて、50代くらいの夫婦で切り盛りしてるみたい。店主は、縮れ具合はパンチ風だが、少し長さのある髪型の小粋で遊び人風の男性、メガネをかけた 奥さんはふつうの感じの人だった。

壁にはメニューを書いた紙がたくさん貼ってあり、トライアングル(焼酎)のボトルキープ瓶が並んでて、こじんまりした居酒屋という雰囲気。カウンター席の男性は冷や奴を食べていた。

ランチメニューはないみたい。メニューは、さんま焼き魚定食¥750、ひれかつ&かきフライ定食¥800 、ロースかつ定食¥1000など。焼き魚を食べてる客はほとんどいなかったので、私もロースかつ定食を注文した!連れはヒレ、カキミックス定食。

店主は注文を受けた順に、2〜4人前ずつの料理をこなしていくような段取りで作業してた。
とんかつの注文受けると、かたまりで購入してきた肉を(ひれ、ロース)注文の順にカットし、周りのよけいな部分をそぎ落とし、塩&しょうやをふり、衣をつ けて揚げていく。パン粉は調理台の引き出しに保存されていたので、その引き出しに小麦粉と溶き卵をつけた肉を入れ、押しつけるようにして パン粉をつけていた。押しつける時、引き出しがガタゴト音を立てていた。

ロース肉をすごく厚切りにして、載せるお皿も金の縁取りのを出していたが、あれは特製ロースかつ定食だったのかも…。

かなり待って、トレイにのってロースかつ定食が出てきた。
ロースかつ、ご飯、みそ汁、きゅうり漬け、小鉢(茹でいんげんのマヨネーズ添え)がのっていた。
肉は基本的なロースの部分で、私好み!(ロース肉は肩ロースに近づくにつれ、脂身と赤身の混じり方が変わる)。肉厚も1.2〜3mmあり。きれいなきつね 色でさくっと揚がっていた。しかし、かむとすぐに肉から衣がはがれてしまい、やや食べにくかった。生の豚肉を下ごしらえした同じまな板に、揚げたとんかつ を載せカットしていたのがちょっと気になった。

小鉢のいんげんはしっかり茹でてあり柔らかかった。みそ汁はややぬるめだが、じゃがいも、油揚げ、わかめなどが入ってて、かつおだしが効いていた。

お皿のキャベツはとんかつ店としてはやや少な目だが、キャベツは機械切りの店が多いのにここは奥さんが包丁で刻んでた。ひれ&かきフライの定食のヒレ肉は 肉質柔らかくいい具合に揚がっていた。かきフライは衣付きで冷凍されてたみたいな感じで、かきの風味うすかった。少しづつ作るので、この日みたいにたくさ ん客が来てると、かなり待つことがあるみたい。おすすめ度、6.9。

tsukubalunch1 at 21:16コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
最新記事