◎チャイナ

2002年08月31日

 02.8.31  前回02.7.30
土浦駅東口を出てすぐ左、ホテルアルファ内 地図中央の赤い十字が店の位置
土浦市港町1-4-26 TEL0298(24)1211

◇中華が食べたくなったので、でかけた!
土曜日もランチがあってうれしいな。
このHP、昔(?)、土日もランチがある店、とか、ごはんがおいしい店、とか、魚好きの人にはたまらない店(ちょっとフレーズ違うかも…)とかのコーナー があったんだけど、最近はなくなってしまって、土日は自分でもどの店にしようか、時々迷ってしまったりしてる。う〜ん、この忙しさが一段落したら、またそ ういうコーナーつくろっかな!希望のある方は、メール下さ〜い!検討させて頂きま〜す!

店に入って、席に通され、メニューを見たら、今週のランチのピリ辛料理は麻婆豆腐、回鍋肉、鶏肉のカレー炒めだったので、今日は辛くないイカのカキソース炒めを注文した!

ピンクのテーブルクロスにはちょっとシミがあって、ちょっと気のどく…。
そりゃあ、ビニールより布製のテーブルクロスの方が、質感も雰囲気もいいけれど、この価格のランチなので、テーブルクロスの維持管理が負担になってるなら、それを続けてほしいとはあまり思っていないです。

以前、開店当初は布製の淡いきれいな色調のテーブルクロスを使っていた店が、いきなり紺色っぽいクロスになった時には驚いた。汚れが目立たないかもしれないが、料理や雰囲気を盛り上げる色じゃなかった。

また、2重掛けで、柄のビニールクロスの上からさらに、透明のビニールクロスをかけてるところもあったけれど、柄のが1枚だけの方 がすっきりする感じだった。透明のビニールクロスは、熱い物を置くと延びて、冷えた後もゆがみが残ってしまうみたい、凸凹したテーブルクロスはちょっとび んボーくさいかんじがする。

また、テーブルクロスは、外食店にとって、壁や天井、床にの次くらいに面積が大きいので、店の雰囲気を決める重要なものなので、たかがテーブルクロスと思わず、きちんと毎日メンテできる素材・色のものを選んでほしい。

料理がでてきた。
ごはんは炊きたてだった。卵のスープは同じ感じ。ポークシュウマイは、冷凍じゃないみたい。つなぎが少なくて肉の風味が感じられて、前より豊かな味になったみたい。
イカは、飾り包丁がきれいだった。すごーく上質のイカという感じではないが、納得できる味と内容だった。

店内は家族連れなどで、かなりの客入りだった。中華って、家族やグループとかで行くとより楽しいね!
そうそう、帰りにレジのところに、ランチの月間スケジュール表(ポケットサイズ)があったので、もらってきちゃった。これで、夜な夜なのランチ研究の資料がまた増えたぞ〜、ふっ、ふっ、ふっ…。
おすすめ度、中華トップで8.6!
◇11:30〜14:00(月〜土) 無休
◇週替わりランチ7種、各¥850(料理1品、ご飯、スープ、ザーサイ、点心、杏仁豆腐)。
◇テーブル席(個室あり) ◇駐車場…10台くらい



tsukubalunch1 at 20:55コメント(0)トラックバック(0) 

2002年08月04日

02.8.4 初めて行った店
つくば市天久保2-2-4 tel52-4363 地図中央の赤い十字が店の位置

◇店の窓にラーメン¥350という貼り紙が目にとまったので行った。
居酒屋や韓国家庭料理などの店舗が入ってる2階建てビルの1階にある。ビルのすぐ目の前の砂利敷きの大きな駐車場は、2階の居酒屋用のみたい。この店の駐車場は、店先の4台分のみたいだったので、そこに車を止めた。

店内は、床材・テーブル・(下町の飲み屋にあるような)円柱形の椅子などが赤茶系の色で妙にまとまっていた。レジの後ろの棚はガランとしてて、簡素な感じ。左手側の壁の上方には、メニューの紙がずらっと並んでいた。

カウンター奥の厨房にいた50代位のちょっと強面の男性が店主みたい。接客係は40代位の女性が1人いた。
カウンター(席はない)のところには、小さな唐草プリントの丈の短いのれんがかかっていて、古風な感じ。

席に着いてメニューを見たら、ラーメンが¥450となってたが、今はサービス価格の¥350とのこと。メニューの種類は豊富で、酢 豚や麻婆豆腐などの定食も¥700〜800位と価格も手頃。冷やし中華もあって¥650。割引になってる今日のおすすめ定食(鶏からあげの酢豚風) ¥750とラーメンを注文。

厨房から、揚げ物をしてる音などが聞こえてきた。店主は、調理の合間に接客係の女性と笑顔もまじえて話をしてた。

料理を待ってる間に、たてつづけに単独の男性客が3人ほど店に入ってきた。Tシャツ、短パン、サンダル履きで、まだ寝起きみたいな顔つき。近所のアパートに住んでる人たちみたいだ。

トレイで鶏酢豚が出てきた。ご飯、みそ汁、漬け物がついていた。
鶏酢豚は、文字通り鶏肉で作った酢豚で、鶏肉以外の具が、たまねぎ、人参、ピーマンとすごくシンプルに作ってあった。肉にはしっかり下味がついていた。甘 からのたれはバランスよかった。野菜類は油通ししてあって、火が通ってるのにシャキシャキした歯ごたえがあって、熱々でいい出来だった。
みそ汁は、やや薄味だった。漬け物は、千切りの桜漬けだった。

ラーメンは、麺は細い軽い縮れ麺で、スープは背脂が少し入ってる醤油色中くらいでわりと澄んだ感じ。具は焼き豚1枚、メンマ、のり、長ネギ。

焼き豚はバラ肉のロールタイプで、肉に味が浸みていた。細めのメンマは歯ごたえがあった。だしの風味はやや薄い感じで、スープの量が麺にかぶるくらいとやや少なめだったが、思ってたよりずっと普通のラーメンだった。

建物が古めで、飾り気のない店だが、真面目に作った生活密着型の中華が熱々だった。おすすめ度7.2!
◇火曜定休
◇ランチメニューは特にないみたい。みそラーメン¥550、チャーハン¥530、中華丼¥580など。
◇テーブル席4人×6、8人丸テーブル1 ◇駐車場…4台?



tsukubalunch1 at 21:14コメント(0)トラックバック(0) 

2002年07月30日

 02.7.30 前回02.3.14
土浦駅東口を出てすぐ左、ホテルアルファ内 地図中央の赤い十字が店の位置
土浦市港町1-4-26 TEL0298(24)1211

◇すごく久しぶり。ここんとこ新店が多く、リピートもままならない。「1日にランチが3回あればいいなあ」とぼやいたら、娘に「あるわけないじゃん」といわれた…。

中華店トップなのに、味落ちてたらいやだなあ、と思いつつ店内へ。
天井高い店内は、そんなに新しいって建物じゃないが、明るくて開放感がある。

ランチメニュー(週替わり)から、イカのピリ辛炒めを注文。
ランチのコーヒーサービスは続いていたので、レジ近くのテーブルまでとりに行った。コーヒーは少し薄めのアメリカンタイプだった。

薄いグリーンのプラステックトレイの載って料理が出てきた。
料理、ご飯、スープ、ザーサイ、点心のシュウマイ、杏仁豆腐ついてた。

イカのピリ辛炒めは、イカに飾り包丁がきれいに入っていて、たれもよく絡んでいた。にんにくの芽などの野菜と一緒に炒めてあった。 油分はやや多めに皿に残るものの、強火でつくってあるので、具自体に油っこさはあまり感じない。香辛料の豊かさと、辛み、少しの酸味がよく調和していた。

ばらつきの多いこの店のご飯だが、今日のは炊きたてで状態よかった。卵とトマトのスープは、卵が細かくスープになじんでいて、家庭ではとてもこういう風には作れない品だ。点心は、ポークシュウマイだった。

ちょっとドキドキしながらきたけれど、満足のいくランチだった。
やっぱここのピリ辛料理は、香辛料の使い方に技が感じられて、さすが四川!!!
おすすめ度、中華部門トップ維持の8.5!
◇11:30〜14:00(月〜土)無休
◇週替わりランチ7種、各¥850(料理1品、ご飯、スープ、ザーサイ、点心、杏仁豆腐)。
◇テーブル席(個室あり) ◇駐車場…10台くらい



tsukubalunch1 at 19:56コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
最新記事