2005年11月01日

ゆいまーる(沖縄家庭料理)

05年11月 初めての店 地図中央の赤い十字が店の位置

◇西大通り沿いにあるが、少し奥まった感じで建ってるプレハブ造りの店。健康施設(酵素風呂、アロマテラピー、整体、足裏マッサージなど)と同じ建物の中にある。今年4月にオープン。

建築中の時から、何ができるのかと興味津々で、地味な色の箱形の簡素な建物が完成し、酵素風呂と併設して飲食店があって、ランチをやってることがわかった。

ちなみに酵素風呂とは、仰向けに寝て、酵素混入した100%ヒノキのおがくずに埋められ、酵素&おがくずから発生する熱で体が芯から温まり、新陳代謝が活発になる自然療法らしい。つくばには最近、ゲルマニウム温浴など、美や健康を目的とした施設が増えてる。ここは男女兼用のよう。

6月に行った時より、メニューが増えたと聞いて行ってみることにした。

TX開通してから、土浦野田線より南側の西大通りを通ることはめっきり減ったので、久々って感じで周囲の風景を眺めながら、建物内に入る。

建物内に入ると、そこは1坪くらいの無人の玄関スペースみたいになってる。左手側にあるサッシ風扉の先が健康施設になってて、右手に2〜3m伸びてる廊下の突き当たりにある扉の先に飲食店がある。

廊下の突き当たりにある扉を開けて中に入ると、中にいた女性従業員にいらっしゃいませと声をかけられた。

室内は、左奥が床張りの小上がりになっていて、それを囲むようにL字でテーブルが配置してあった(扉の左手前が厨房になってた)。3方向にある窓にはレースのカーテンが掛かっていて、テーブルとテーブル、テーブルと小上がりの間は、ラティス(庭などで使う木製の格子状パネル)や観葉植物とで緩やかに仕切ってある。大小のグループで使いやすそうな家庭的雰囲気。入口扉の近くには、沖縄の物産の陳列してあって、購入もできるみたい。

席に座ると、細身の少しすました感じの20代位の女性がお茶を運んで来てくれた。

ランチメニューは
・おまかせごはん¥1050(メイン:肉or魚、コーヒー・デザート付き)
・ヘルシーごはん¥780(おまかせごはんからメイン抜いた内容)

・ラフティ丼¥780
・沖縄そば¥780
・タコライス¥780

メイン料理の内容は、肉:軟骨の煮物、魚:めかじきの唐揚げとのことだった。ラフティ丼、沖縄そば、タコライスは前回ランチになかったメニュー。ヘルシーごはんは¥735→780になってた。

ちょっと考えて、沖縄そば¥780とおまかせごはん¥1050を注文した。

先に、お箸と一緒に四角い小鉢を運んで来てくれて、小鉢の弧型に掻き込んである辺に箸の端を載せて、小粋な箸置き風にセッティングしてくれた(箸置きとは持ち手の位置が反対だが)。

小鉢の中には、大きめの枝豆の豆(サヤから出した状態)が5〜6ヶ入っていた。適度に塩味があって、ちょっとポクポクした食感だったので、冷凍保存してあったのかも。

ちょっと待って、料理が運ばれてきた。
おまかせごはんには、籠に入った小鉢料理の盛り合わせとメイン料理が付いてる。籠に入ってた小鉢料理は、ゴーヤチャンプル、もずく(シークゥーサーあえ)、甘酢漬、天ぷら、田芋のでんがく、きのこの醤油あえ、など野菜中心の料理8品だった。

メインのかじきの唐揚げ3つは、レタス、なす、エリンギ、パプリカ(赤と黄)、プチトマトなどでカラフルに盛り付けてあって、酸味の効いたソースがかかっていて、さわやかに食べられた。これに、十穀米&みそ汁が付いてた。

沖縄そばは、きしめん風のやや太い縮れた麺&ほんのり白濁したスープの組み合わせで、麺の上には軟骨ソーキ(豚のアバラの肉をソーキという)、沖縄かまぼこ、紅しょうが、小ネギがトッピングされてた。軟骨ソーキは甘からい味付けで、軟骨部分も食べられるくらいちゃんと煮込んであった。麺は、ややかために茹でてあって、乾麺みたいな食感だった。小鉢は野菜の甘酢漬けだった。

おまかせごはんには、食後にデザート&コーヒーが付いてた。デザートの豆乳のブラマンジェは自家製のやさしい味だった。自家製沖縄そばには何も付いてないので、ちょっと寂しい感じ。

減農薬野菜、自家製みそ、沖縄から取り寄せた食材を用いて、ま(豆類)・ご(ごま類)・わ(海草類)・や(野菜類)・さ(魚類)・し(椎茸類)・い(芋類)を基本に献立を考えているとのこと。

隣に(有)沖縄物産があるので、スムーズに沖縄の食材が調達できるので、いかにも沖縄らしい料理が、こういう手頃な価格で味わえるかも。おすすめ度7.2。

◇営業時間11:00〜15:00,17:00〜22:00 水定休


↑外観


↑店内


↑窓からの景色


↑先附

◆沖縄そば¥780

◆おまかせごはん¥1050



  



tsukubalunch1 at 21:14コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新記事