2005年11月01日

しゃるる(ラーメン)

05年11月初めての店 地図中央の赤い十字が店の位置 

◇300円の素ラーメンがある店。サイエンス通りにも店があったが無くなり、つくば北西部のこの店舗だけになった。この辺りは民家がまばらな地域で、トラックなどが多く通る道沿いに面してて、通りかかるとトラックが何台も道路に駐車してあることがよくあった。

建物前はデッキ風で木製のテーブルが置かれてた。テーブル上には箸&調味料がセットされてて、ここで食事もできるみたい。

建物への入口は、右と左の2カ所にあった。
左の出っ張った所にある入口(サッシ戸が2重になってた)から入ると、そこは2畳位の玄関スペースみたいになっていて、正面に券売機(横に冷水器2台)が設置されてた。

周囲にはメニューの一覧表がなかったので、券売機のボタンでメニューを確認した。券売機はシンプルなラーメンが下方にあるなど、メニューの並べ方がバラバラだったので、食券を買うのに少し手間取った。

・素ラーメン¥300
・ラーメン¥550
・味噌ラーメン¥550
・ネギラーメン¥600
・ネギ味噌ラーメン¥650
・とんこつラーメン¥850
・味噌チャーシューメン¥850
・ネギチャーシューメン¥900
・ネギ味噌チャーシューメン¥900

・とんこつラーメン¥650
・とんこつネギラーメン¥750
・とんこつチャーシューメン¥1000
・とんこつネギチャーシューメン¥1100

・つけめん¥550
・ネギつけめん¥650
・つけめんチャーシュー¥900

・ぎょうざセット¥800(ラーメン・ぎょうざ・ライス)
・ネギチャーシュー丼orカレーライス¥380
・担々麺¥700

・ぎょうざ¥350
・中華そば¥550
・ライス¥150、半ライス¥100
・もつ煮込み¥250

ちょっと迷って、素ラーメン¥300とネギラーメン¥600の食券を購入し、右手の方に数歩進むと、横長の広め厨房とそれに面したカウンター席があった。カウンターの左角の3席は、お座敷カウンター席(足を下ろすスペースがないので、靴を脱いで上がらなくてはならない)という妙な具合の席だった。

やや古めいた店内は、窓ガラスには赤いビニールテープで『ラーメン300円』と外から見えるように文字が貼ってあるし、棚にはコミックや雑誌などが並んでて、町中のラーメン店とはかなり異なる雰囲気で、作業着姿の男性客が多かった。

カウンター内には、男性従業員が2人働いていて、その1人に食券を渡した。カウンター上部の壁には、愛妻弁当持ち込みOK(コンビニ弁当はダメ)の貼り紙があった。

ちょっと待ってたら、ラーメンが運ばれてきた。

◆素ラーメン¥300
・麺…平べったい中太縮れ麺
・スープ…背脂たっぷりの混濁スープ
・具…わかめ、のり(4つ切り2枚)、ねぎ

店名の入った大きめの白い丼によそってあった。のり(大きめ)が2枚、わかめが入ってるので、見ためは思ったよりずっと立派。

作りたてをカウンター越しに渡してくれるので、ラーメンは熱々だった。麺は、平べったいので、つるつる&ぷるぷるの中間っぽい食感。スープは塩分やや濃いめで、背脂がたっぷり浮いてて、男性向けの感じ。

テーブル上には、生卵が置いてあって、1人1個無料サービスとのこと。丼が大きいため、ラーメンが冷めるのが少し早かった。

ラーメン¥550やネギラーメン¥600には、焼豚や味付け玉子1ヶ(半熟で味がしみていた)が入ってるので、やはり満足度が高い。素ラーメンは、焼豚もメンマもなくて少し寂しいが、おやつ、お弁当持ちの男性客にはぴったり。


↑外観


↑素ラーメン¥300


↑ネギラーメン¥600 



tsukubalunch1 at 21:12コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新記事