2003年01月28日

ランブロワジードゥカゲツロウ(レストラン)

03.1.28    前回01.1.31
つくば研究支援センター内  地図中央の赤い十字が店の位置
 つくば市千現2-1-6 TEL029-858-6080

◇土浦の老舗料亭�霞月楼�の支店。2年前時は、ランチはパスタや丼だったが、最近、洋食系の日替わりランチ¥1000があると聞いたので行った。

研究支援センターの駐車場はかなり広めだが、以前とは違い5分の3以上が契約駐車場になっている。さらに、レストラン用の駐車スペースは指定されてて、正午前なのにそこはすでにいっぱいだった。隅の方の空いてた場所にようやく車を止めて、店に向かった。

入口の自動扉を入り、右手廊下を5〜6m行ったところにランブロワジーがある。この建物内はフロントのないシティホテルみたいな雰囲気で、ランブロワジーの他にも大小のホール、ラウンジなどもあるらしい。

駐車場の混み具合からして、レストランはかなり混んでいるかもっしれない(出遅れたかなあ)と思っていたので、入口のところにあった日替わりランチの現物展示品をちらっと見てすぐに、足早に店内に入った。

ドーム型の店内は天井がすごく高く、全面ガラス張りで開放的。あんなに心配してたのに、店内にはほとんど客はいなかった・・・。若い男女の接客係が3人くらいいて、その中の1人が、席まで案内してくれた。

メニューを見たら、丼ものや松花堂弁当などの和風料理はなくなっていた。(昨年10月に大穂に霞月楼の居酒屋風の支店がオープンしたので、和食メニューもそちらに移行したのかもしれない。)

日替わりランチは、ポークピカタのオレンジ風味クリームソース(パンorライス、スープ、サラダ付)¥1000で、パスタランチはトマトパルメザン(パン、スープ、サラダ付き)¥1000だった。両方税込み価格で、ランチなのでドリンクも付いている。

連れも私もポークピカタのランチを注文した。
すぐに、スープとサラダが運ばれてきた。スープは白っぽい色のポタージュで、少し粉粉した舌触りだったので、じゃがいものポタージュかも。サラダはサニーレタス中心のの地味めなサラダだった。

しばらくして、料理とライスが運ばれてきた。
ポークピカタは、薄いグリーンの大皿の中央の薄いオレンジ色のソースの上に盛りつけてあり、さつまいものマッシュとグリルしたかぼちゃが添えてあった。

2人の皿を見比べてみると、1つは脂身と赤身の層がきれいに分かれたロースの部分で、もう1つは肩ロースに近い部分の肉で、(重さは同じだったのかもしれないが)表面積の違いも明らかだった。こんなに見た目に違いが明らかな肉を出されると、やはりとまどってしまう。

ポークピカタは、肉表面溶き卵を付けてソティしてあったが、溶き卵の付き方にちょっとムラがあった。薄オレンジ色のクリームソースは、オレンジのさわやかな酸味があるので、肉の脂っこさなどを和らげて、あっさりと食べられた。ソースの中に混じっていた2mm大くらいの赤い種みたいのは、かむとピリッと辛かった。

料理に添えてあった、かぼちゃのグリルは、皮の方がかなり焦げてて、水分少なく固い感じ。さつまいものマッシュは、ほんのりした甘さのある、女性好になってた。かぼちゃとサツマイモという似た食材を2つ添えるより、他のもの(ブロッコリーとか)と合わせた方がいいかも。

ランチについていたドリンク(私はホットコーヒー)をゆっくり飲んで帰ってきた。

ちょっとちくはぐな感じもしたが、ピカタの肉が大きめ(120〜30gくらい)でボリュームのある内容だった。和食と洋食両方をこなしていた以前より、料理内容が安定してる感じ。おすすめ度7.0。

◇11:00〜14:30(月〜金) 夜営業17:00〜20:45  原則として日祝休み
◇日替わりランチ¥1000(限定30食)、パスタコースランチ\1500など(ドリンク付)など
◇テーブル席3−6人掛け×12  ◇駐車場…5台、他にセンターと共同のが50台。



tsukubalunch1 at 14:52コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新記事