2002年06月22日

◎葉月(居酒屋)  

02.6.22 初めて行った店
土浦学園線、上の室交差点から南500m  地図中央の赤い十字が店の位置
つくば市大字上ノ室2169−2 TEL0298(57)1666

◇プレハブの小物ショップなどが7〜8店、軒を連ねる一画にある店。道路沿いの大きな看板(ざるうどん¥280などが手書きされてる)が目立っているが、簡素な平屋建てなので、いつも通り過ぎてしまっていた。

玄関戸を開けると、魚を焼いているにおいがして、煙もすこし立ちこめている。入ってすぐ右側には、五穀米や野菜の種などが並んでいて、販売もしてるみたい。その先に数歩いくと、カウンター席(9席)とお座敷席(4人卓×3、2人卓×1)がある。

50代と30代位の母と娘で店を切り盛りしているみたい。お母さんは厨房で料理を作ってるみたいで、娘さんが主に接客を担当していた。

昭和30年代くらいを思わせる店内だが、カウンター板はまだ新しい感じの奥行きが広く(60cmくらい)で座り心地がいい。
お座敷の白いカーテンを規則的に結わえてある紺色の布と、カウンター上部の紺色の(藍染め)のれんは、色調を合わせてある。
等々、古い建物を女性らしい細やかな観点でうまくアレンジし、温かな心休まる空間になっていた。

ランチメニューは、ざるうどん¥280、かけうどん¥350。焼き魚定食と生姜焼き定食各¥790。焼き魚セット¥790など。

焼き魚定食としょうが焼き定食を注文した。
カウンター席では、男性客がのんびり食事していた。
注文を受けてから、1食1食作るみたいで、料理がくるまで時間がかかった。

定食類は、大きな黒いトレイにのって出てくる(トレイの上には藍染めのランチョンマットが敷いてあり、その上に料理の器がのせてあった)。

しょうが焼き定食は(豚肉と玉ねぎが一緒に炒めてあり)肉の量が多く、ドレッシングをかけた千切りキャベツ(トマト、きゅうりも)を添えてあった。さらに、焼いた塩鮭(大根おろし添え)、小鉢、ご飯、みそ汁、漬け物が付いていた。
肉は市販品のたれに近い感じの味付けだった。ご飯は炊きたてで、みそ汁はすごく家庭的な味だった。
肉も魚も付いてると、おかずが充実してる定食って感じで、うれしいものだ。

焼き魚定食は、2種からほっけを選んだ。(魚の種類は日替わりみたい)
野菜の天ぷらorとんかつから1種を選べるので、とんかつに決めた。それに小鉢、ご飯、みそ汁、漬け物が付いている。とんかつは冷凍品みたいだったが、ちゃんと油ぎれよく揚がっていた。
焼き魚と揚げ物が一緒についてるのも、なかなかいいなあ。

理想の家庭料理を食べたという充実感を得ることができた。
時間のたっぷりある時にいい店。おすすめ度、7.8。

◇11:30〜15:00(月〜土)
◇ざるうどん¥280。生姜焼き定食、焼き魚定食各¥790など。
◇カウンター席、お座敷席 ◇駐車場…7台くらい



tsukubalunch1 at 18:39コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新記事