2005年12月04日

來福 

05.12月初めての店 地図中央の赤い十字が店の位置

◇土浦学園線沿いに、10/2オープンしたチャイニーズ。ここは以前、香満楼だった(その前は、豫園、さらにその前は里の蔵だった)。電話番号は香満楼のままで、設備ごと持ち主が変わったよう。

店頭に花輪が並んでた。ここ数年、つくばと土浦の間を行き来する車の台数が減ったみたい。つくばに、映画館やショッピングモール、今年はつくばエクスプレスが開通したのでそういった影響かも。

店頭にはメニューは何も掲示されてなかった。こわごわ店の中に入ると、普段着っぽい女性従業員が奥から出てきて、いらっしゃいませとカタコトっぽい日本語で迎えてくれた。

店内は香満楼だった時とあまり変わっていない感じ。左手は個室らしく、右手の奥に細長いテーブル席(4人×7以上)は外観より狭く、赤い提灯など飾ってあって、居酒屋っぽい雰囲気。

空いてる席に座って、女性従業員が持ってきてくれたランチメニューを見た。

ランチは、日替わり(毎日2種)、麺、炒飯、焼きそば、丼があって¥715均一(スープ・ライスのお代わり可)。炒飯や麺類は、3〜5種類から選べるようになっていた。

・日替わりランチ(漬物・スープ・サラダ・デザート・点心・茶碗蒸し付)
月…鶏肉の辛味噌炒め、八宝菜
火…魚香茄子、季節野菜炒め
水…エビチリソース、回鍋肉
木…ニラとレバ炒め、麻婆豆腐
金…木須肉、青椒肉絲

・炒飯セット(炒飯は、下記の5種から選べる)
五目炒飯、來福特製炒飯、細豚あんかけ炒飯、梅炒飯、温スープ炒飯

・麺類セット(麺は、下記の4種から選べる)
醤油ラーメン、担々麺、肉野菜麺、五目ラーメン

・焼きそばセット(焼きそばは、下記の3種から選べる)
あんかけ焼きそば、かた焼きそば、上海焼きそば

・丼セット(丼は、下記の3種から選べる)
天津丼、中華丼、牛バラ丼

・お子様ランチ¥480

ちょっと考えて、日替わりの八宝菜¥715とあんかけ焼きそば¥715を注文した。

店内は、作業着姿の男性グループなど数組がいて、食事中の人もいれば、料理を待ってる人もいた。半分くらいの席が埋まってるが、照明が点いてない店内は、少し暗くて沈んだ雰囲気なのは節約のためかも。

料理は1人前ずつ作ってるみたい。近くの席の男性4人グループの料理は、1人前ずつ時間差で運ばれてきてた。

意外に、料理が来るのは遅かった。

先に、トレイに載って日替わりの八宝菜の定食が運ばれてきた。
サラダ、点心(春巻き1/2)、スープ、ザーサイ、茶碗蒸しが付いてて、品数の多いボリュームたっぷりの定食だった。

八宝菜は、白菜、マッシュルーム、うずらの卵、イカ、人参、青梗菜、豚肉、きくらげ、ベビーコーン、エビなど8種以上の素材が使われてて、たっぷりめにお皿によそってあった。味付けが塩分強めで、きくらげはとろけぎみ、白菜はちょっと苦みがあって、かなり食べにくかった。

サラダは千切りキャベツと人参というシンプルな内容で、かかってたドレッシングは水っぽかった。春巻き1/2は冷たくて、皮もパリッと感はなかった。茶碗蒸しは、ぷるぷるしてないかための茶碗蒸しで、出汁の風味のない塩味で、中に具は入ってなかった。

スープは、出汁うすめの酸味のあるスープだった。ごはんは、そんなに保温してたようではないが、艶がなくて、炊き方が日本式ではないのかも。

や や間があって、運ばれてきたあんかけ焼きそばもボリュームがあった。麺は、多めの油で焦げ目が付けてあって、ちょっと油っぽかった。エビは大きいし、具だ くさんで、見栄えはいいが、素材の鮮度や質がいまいちって感じ。上質ではないオイスターソースを使ったような味付けだった。

つくば近辺になかったような素朴なチャイニーズ。だから家庭料理となってるのかも。ランチセットは品数の多いセットになってるので、ボリューム重視の男性にいいかも。



tsukubalunch1 at 18:36コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新記事