2006年01月23日

ウインズガーデン(イタリアンカフェレストラン)

06.1月 初めての店
地図中央の赤い十字 つくば市松代1−3−6 電話029-859-5757

◇2005年6月、新規オープンした。土浦学園線から少し北に入った所(釣り具店『ジャイアント』の裏手)にある。

低めの板柵で囲まれた敷地に奥側にあるお洒落な建物。店頭は15台位止められる駐車場になっていた。(建物右奥には新築の民家が建っていて、同敷地内に仕切りもなく建ってる感じなので、店のオーナーの家なのかも)。

玄関前に、スパゲティコース¥1450、お肉のコース¥1800と書いてあるボードを見ながら店の中に入った。

店内は大まかに3〜4つの雰囲気の異なるスペースに分かれてて、やや男性的な雰囲気も感じられる。

玄関入ってすぐ右手側は中世ヨーロッパのようなワインカラーでまとめられた個室があった。

左手側は、高めの天井に焦げ茶の太めの梁が通ってて、中央あたりにヤマハ製の黒いグランドピアノが置かれてて、その周囲にグリーンのテーブルクロスのかかったテーブルが配置されてたるゆったりしたスペースになってた。

その奥は、白の飾り棚(背板のない棚)で緩やかに仕切ってあって、茶のボックスシート席(4人×2)のあるウッディな一画になってた。

店内の右手奥に厨房はあった。厨房に面してカウンター席(5席)があったが、このカウンター席、店内のかなり奥まった場所にあるので、知人や常連さん向きって感じ。

若い女性従業員が笑顔で席まで案内してくれた。

席に座ってメニューを見た。単品(単品メニュー:コース価格から¥500引いた価格)でも注文できるが、奮発してコース(グリッシーニ・サラダ・デザート・ドリンク付)を注文した。

◇ランチコース)
■スパゲティコース
・カルボナーラ、ツナとバジル、明太子クリームと大葉
ボンゴレロッソ、ナスとベーコンのトマトソースなど8種…¥1450
・ペスカトーレ¥1550
■リゾットコース
・ファーマーズリゾット(クリームソース)¥1450
・フィッシャーマンズリゾット(魚介のトマトソース)¥1550
■ラザニアコース¥1450
■パエリアコース
・チキンときのこのパエリア¥1700
・フィッシャーマンズパエリア(海老・ほたて・あさりなど)¥2000
■肉料理コース
・地鶏¥1800…バーブグリルorチキンのグリルクリームソース
・ポーク¥1800…ヒレ肉のグリルorヒレ肉のチーズトマトソース
・ビーフ¥2000…ヒレ肉の赤ワインソース
■魚料理コース¥1800

○コースのドリンク(1つ選ぶ)
・ブレンドコーヒー、アイスコーヒー、紅茶、アイスティー、ウーロン茶
・フレッシュジュース(オレンジ、アップル、グレープフルーツ、ベリーベリー)
・中国茶(バラ、ジャスミン、ライチ)
・ハーブティー(リンデンフラワー、レモンバーム、カモミールフラワー)

少し考えて、スパゲティコース(料理:なすとベーコンのトマトソース)と肉料理コース(料理:地鶏のハーブグリル)で注文した。

最初に、花瓶のようなガラスの器に入った大きめのポッキーみたいのが運ばれてきた。これはグリッシーニという棒状のパンで、イタリアのパンの1つで、クラッカーみたいな薄い塩味でポッキーよりサクッとした食感だった。

次に、女性従業員がテーブル脇に大きめの丸いトレイとそれを載せる台(折りたたみ式)を運んできた。何をするのかと思ってたら、サラダのワゴンサービスだった。

あ らかじめ木製ボウルに入ってる生野菜を、客の目のまえでドレッシングをかけて混ぜ合わせ、皿に取り分ける。その後、客に苦手はないかを聞きながら準備して あるトッピング(オリーブ、クルトン、粉チーズ)を載せて、サラダを完成させるというもの(この日のドレッシングはオレンジ色のフレンチドレッシングだっ た)。客に話しかけながら作るので、少し離れた席の若い女性グループは喜んでいたので、そそるパフォーマンス。

ちょっと待ったら、なすとベーコンのトマトソースのスパゲティと肉料理:地鶏のハーブグリルが運ばれてきた。

なすとベーコンのスパゲティは、真ん中だけが窪んだ帽子を逆さにしたようなおしゃれな白皿の中央にきれいに盛り付けてあった。なすは少し堅めで、用いてあるスパゲティは細タイプの麺だった。

地 鶏のバーブグリルは、黄パプリカ・しめじ・まいたけ・トマト・アスパラ・オリーブなどが散りばめて盛り付けてあって、とてもカラフルな料理だった。地鶏 は、ジューシーというより、しっとりヘルシーな感じで焼けてて、通常のグリルとはちょっと違う感じ。もしかしたら、最近流行の水で焼くタイプのオーブンで 焼いたのかな・・・。

ドリンクは、フレッシュジュースを選んだら、運ばれてきたグラスがでっかいので、ちょっとびっくりした。クラッシュアイスがたっぷり入ってる冷たいジュースで、レッドオレンジジュースは、みためは派手でとても飲みやすかった。

食 後、デザートが運ばれてきた。栗のミルフィーユは、パイ生地でサンドされてなくて想像してたのとは違ってしっとりしたケーキだった。小さなカラーグラスに 入ってたマンゴプリンは、量控えめだったが、マンゴのフレッシュな果肉の風味が口いっぱいにひろがって、お代わりしたくなるプリンだった。

ピアノの周りを行ったり来たりしてたダブルのスーツ姿の50代くらいの男性がこの店の店主かも。女性好みの建物なのに、おじさんのこだわりが感じられる造りなのは、店主の影響かも。

パフォーマンスと雰囲気を楽しめる、おしゃれなイタリアンの店が新しくできて、とってもうれしい。

営業時間: 11:00〜15:00、 17:00〜23:00 年中無休



tsukubalunch1 at 18:30コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新記事