2006年01月26日

奴庵(そば)

06.1月 初めての店 場所は中央の赤い十字

2005年11月、環境研究所の裏手に新規オープンした白い壁の和風の2階建ての蕎麦店。

西大通り通りから西に500m程入った、近くの人以外は通りかかることがない場所にある。この店、3ヶ月ほど前に閉店した『やっこ』という居酒屋と電話番号が同じなので、そば店として移転したのかも。

建物前や脇にある空いてるスペースが駐車場のよう。仕切り線はないが、5〜6台分くらい。駐車スペースを挟んですぐ隣は、『梁山泊』というデッキ風の構造の野性味あふれた個性的な店があった。

店 の中に入ると、すぐ正面は、壁は腰高まで木が用いてあって、コテージっぽい柔らかな雰囲気の客席になっていて、テーブル席(4人×2,6人×1)、窓〜厨 房(右奥)に面してカウンター席(9席)が設けてあった。右手前にかかっていた暖簾の奥には、靴を脱いであがる廊下があり、その先には個室のお座敷(3室 位?)になってた。

おばちゃん従業員が笑顔で迎えてくれた。空いてる席に座って、テーブルに置いてあったランチメニューを見た。

■10割そば
冷・もり(北海道産)¥780、(金砂郷産)¥980
・天もり¥950
・納豆とろろ¥880…納豆・とろろ芋など具だくさん
・鴨つけ¥1100

温・かけ¥850
・天ぷらそば¥1020
・五菜¥900…根野菜を中心に炊いた煮物

■丼もの(小鉢、みそ汁、漬物付)
・かき揚げ丼¥700
・豚生姜焼丼¥750

■小どんぶりセット(好みのそばとの組み合わせ)
・かき揚げ丼+¥180
・豚生姜焼丼+¥200
・舞茸ごはん+¥150

■日替わり
・ヘルシーセット¥880…ぶっかけ、小鉢3品、自家製豆乳プリン付

ちょっと考えて、もり¥780の小どんぶりセット(かき揚げ丼)+¥180とヘルシーセット¥880を注文した。

接客してる人も厨房で調理してる人も、40〜50代位の近所のおばさんって感じの人たちだった。

そばが出来るのを待ってたら、女性グループが入店してくると、予約してあった様子で右手奥のお座敷の方にぞろぞろ上がっていった。オープンしたばかりで、しかもこんなにわかりにくい場所にあるのにもう人気があるみたい。おばちゃん達の口コミ情報の威力はすごい!!!

少し待ってたら、料理が運ばれてきた。

ヘ ルシーセットは、大きめの和皿に盛られたそばの上に、舞茸(下煮して味が付いてる)・とろろ昆布・岩のり・かいわれ・ゆずがトッピングされてて、添えて あった花瓶みたな器に入ってたつゆを上からかけて食べた。小鉢は、かぼちゃのサラダ・きぬさやの玉子とじなど家庭的な品だった。

もりそばは、北海道産でそばの香りほんのりって感じ。そばは、全体にうねりみたいな縮れがあって、押し出し式に形成した麺かも。一般の手打ちそばとはちょっと食感が異なる感じ。そばつゆは、熟成の軽いライトな味だった。かき揚げ丼は、かき揚げが揚げたてでサクッとしてた。

温もりのある雰囲気の中で、作りたての料理が味わえるので、のどかな気持ちになれる。

◇平日…11:30〜14:30頃、17:30〜22:00
土日祭…11:30〜21:00 火定休



tsukubalunch1 at 18:08コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新記事