2006年01月17日

鴨亭(和食・むぎとろ)

06.1月 初めての店

筑波西武6階レストラン街にある。真壁町にある鴨料理専門店(自家飼育の鴨使用、全席個室)の支店みたい。デパート内にあるので、本店のように鴨料理専門店ってわけにはいかないらしく、店頭のショーケース内のメニューを見ると、居酒屋兼食事処って感じ。

入口付近に、サービスランチのまぐろ丼&ざるそばの料理見本(ラップがかかっていたので、実物のよう)が飾ってあった。

店内は幅が狭めだが、思ってたより奥行きがあって、テーブル席が変則的&やや詰め気味に配置してあった。昼食の時間帯だったが、店内テーブルほぼ満席だった。奥にはお座敷席もあるようだが、襖が閉じらてて、昼時は使っていないのかも。

いちばん奥の席は窓に面していた。限られた6階のスペースを、いくつかの飲食店で分け合っているので、窓面積は少なく、その分、店内も少し狭い感じ。デパート最上階ではあるが、残念ながら他のビルの屋上などが見えるばかりで、三井ビルほどの眺望の良さは感じられなかった。

女性従業員に、ちょうど空いたテーブル席に案内された。テーブルは小ぶりに作ってあるのか、少し手狭な感じ。

メニューを開くと、最初の頁にランチメニューが載っていた。

ランチメニューは、
・つくば地鶏の親子丼セット(ザルそばorうどん付)¥890
・うなぎ卵とじセット(ザルそばorうどん付)¥890
・サービスランチセット(ザルそばorうどん付)¥890

・鴨汁せいろそば(orうどん)¥890
・とろろそば(orうどん)¥850

・うな重(小鉢・赤だし・漬物付)¥1150

周 囲の席には、ビジネスマンらしきグループが数組、買い物ついでに立ち寄ったような年配のカップルなどがいた。ビジネスマン2人連れや年配カップルは、ラン チメニューの丼のセット、鴨汁せいろなどを食べていたが、外人&日本人のビジネスマングループは、1人用のおひつの付いた常時メニューの合鴨網焼麦とろ定 食¥1500を食べていた。

興味があったので遠目にじっと見たら、網焼きの鴨肉は、店頭にの見本より1枚少なかった。また、見本では鴨肉の脇には野菜が添えてあったが、隣の客に出されてのには、そばが添えてあった。

常時メニューの合鴨網焼定食(麦とろなし)¥1300に心惹かれながらも、ランチメニューのつくば地鶏の親子丼セット(ザルそば付)¥890と鴨汁そば¥890を注文した。

店内が混み合ってるせいか、料理がくるまで、かなり時間がかかった。

鴨汁せいろのそばは、漂白していない糸こんにゃくのような外観で、濃いめの茶色のまあまあの太さ。機械打ちらしく、長さ、太さ共に揃っていて、つるつるした食感だった。鴨汁は、濃いめの味付けで、少しかための合鴨っぽい肉がいくつか入っていた。

つくば地鶏の親子丼は、胸肉らしい淡泊な肉が多めに入っていて、甘さのしっかりしたタレ&玉子でとじてあった。ご飯にもタレがしっかり絡んでいて、全体に味が濃かった。

ターミナル駅近くの百貨店の上にある飲食店らしく、ボリューム、値段が万人受けするそうにまとめてある。つくばでは名のしれた本店は、つくば駅から離れた真壁町にあるので、この支店で鴨亭の味が楽しめるのは便利。



tsukubalunch1 at 17:56コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新記事