2004年08月

2004年08月24日

04.8.24 前回00.7月
 地図中央の赤い十字が店の位置

◇下広岡の交差点のローソンの隣にあるユニークな外観の店。かなりメニューが変わった気がしたので4年ぶりに行ってみた。

店の前の駐車場はいっぱいだったので、裏手にある広い駐車場(約20台)に止めた。

玄関のガラス戸のところにランチメニューが掲示してあった。定食が6種、あんかけご飯が5種など、いろいろあった。

横長の店内は、柱や壁で緩やかにいくつかの空間に仕切られてる。厨房は奥にあるが、客席からは見えない。あまり高くない天井には黒いファンが回っていた。日中だが窓はロールスクリーンがおろされて、白熱球色の照明でぼんやりした明るさ。

40代くらいの女性従業員がテキパキと仕切るように席に案内してくれた。店内の席は半分くらいが埋まっていて、男性客が多く、煙草の煙がこもってて煙たかった。禁煙席はないみたい。

席に座ってメニューを見た。

ランチメニューは
◆ランチ定食6種各¥924
   (点心、サラダ、ザーサイ、スープ、ライス、デザート付)
・牛舌青椒…牛タンの野菜炒め
・北京風酢豚
・大蒜猪肉…豚肉とニンニクの芽炒め
・四川茄子…ナスの辛味炒め
・脆皮糖酷魚…白身魚の甘酢あんかけ
・芙蓉蟹肉…カニ玉

◆ラーメン&餃子¥819(点心、サラダ、ザーサイ、ライス、デザート付)
今週の内容…四川坦々麺1/2&棒餃子3ヶ

◆ラーメン&炒飯¥819(点心、サラダ、ザーサイ、ライス、デザート付)
今週の内容…四川坦々麺1/2&高菜チャーハン1/2

◆ランチあんかけご飯(各スープ、ザーサイ付き)
・排骨飯(ぱいこうはん)¥924…豚肉の唐揚げあんかけ
・海鮮五目あんかけ¥1029
・上海ステーキのあんかけ¥1029
・牛肉とブロッコリーのあんかけ¥1029
・モンゴリアン焼肉飯¥819…ピリ辛モンゴル府焼肉ご飯のせ

四文字の漢字で書かれてるメニューもあるが、脇に説明が書いてあって、わかりやすかってた。

ちょっと考えて、北京風酢豚定食¥924と四川茄子定食¥924を注文した。接客係の女性が2〜3人いたが、どの人もテキパキしててチャイニーズらしい。

ちょっと待って大きめのトレイで料理が運ばれてきた。品数が多いので見た目に豪華。

酢豚定食は、何が北京風なのかわからないが、量は多かったが、具は豚肉、玉ねぎ、赤と緑のピーマンだけと種類の少ない酢豚だった。肉は衣ごと透明感があって、しっかりつけ込んで味が浸みすぎてて肉の風味が感じられなかったが、全体として塩分多めで派手な味付け。

サラダは、ガラスの器に適当に投げ込んだような盛りつけで、ドレッシングは個性的な味。点心はエビ餃子だったが、皮が乾いていてすでに冷たかった。

デザートはタピオカ入りのココナッツミルク。ココナッツミルクは、溶けたバニラアイスに少量ココナッツミルクを混ぜたように甘い香りがした。入ってたタピオカは、芯のあるものが混じってって、ちょっと口当たりがなめらかじゃなかった。

四川茄子定食は、ピリ辛に炒められた茄子がたっぷり盛りつけされてて、これも濃い味仕立て。肉は細切りや、挽肉っぽいものや、いろんな形のがまぜこぜになっていて、油分が多い、こってりした茄子料理だった。

濃いめではっきりした味付けの料理が多いみたい。ご飯のおかわり自由なので、お代わりしてる若い男性客がかなりいた。おかずの量も多いので、ごはんをたっぷり食べられるみたい。塩分とカロリーをたっぷり補給してばりばり働く男性に人気があるみたい。


↑北京風酢豚定食¥924


↑四川茄子定食¥924 



tsukubalunch1 at 01:37コメント(0)トラックバック(0) 

2004年08月23日

04.8.23 前回00.10月
 地図中央の赤い十字が店の位置

◇竹園の住宅街にある小さなイタリアンの店。4年ぶりに行ってみた。小さい店なので、混みそうな時間帯を避けて行った。

店頭の駐車場は3台分くらい。玄関前にランチメニューが掲示してあった。価格と内容が別々に書いてあって、少しわかりにくかった。

午後1時を少し過ぎていたので、あまり混んでいなかった。女性従業員がすぐに出てきて、席を誘導してくれた。

こぢんまりした店内は、各テーブルには花柄&無地と2重にテーブルクロスが掛かっていて、レジの近くや窓際には小物とか植物が飾ってあり、おしゃれな雰囲気。

メニューは〈PRANZO ランチ〉〈BEVAANDA ドリンク〉〈DOLCE デザート〉という風にイタリア語とカタカナが併記されて書いてあった。

・PRANZO ランチ¥850…サラダ、本日のランチパスタ
・PRANZO Aランチ¥1200…サラダ、好みのパスタorピッツァ(8種から選ぶ)
      Aセット¥1600…上記+デザート、飲物
・PRANZO Bランチ¥1600…好みの前菜(3種から選ぶ)、好みのパスタorピッツァ
      Bセット¥2000…上記+デザート、飲物
・PRANZO Cランチ¥2000…サラダ、好みのパスタorピッツァ、魚or肉料理
      Cセット¥2400…上記+デザート、飲物
・PRANZO Bランチ¥2500…好みの前菜、好みのパスタorピッツァ、魚or肉料理
      Bセット¥2900…上記+デザート、飲物
 ◎パスタ大盛りは+¥100

ランチ¥850(ランチパスタ:エビと青じそのスパゲティ1種だった)とAランチ¥1200を(8種のパスタ&ピザの中から選べる)揚げナスのピリ辛トマトスパゲティで注文した。

ちなみに8種とは
・タマゴとベーコンのクリームスパゲティ
・揚げナスのピリ辛トマトスパゲティ
・モッツァレラのトマトスパゲティ
・ワタリガニのトマトスパゲティ
・ピッツァ マルゲリータ
・ピッツァ クアトロ・フォルマッジ
・ピッツァ カプリチョ−ザ 
・自家製手打ちパスタ フットチーネ 
 ゴルゴンゾーラのクリームソース

女性従業員は、厨房の方に戻って受けた注文を伝えた後、玄関から外に出て行ってしまった。足りない食材でも買い出しにいったのかなあ???とか思ってたら、ちょっとしてから、摘んだ葉っぱ(バジルみたいだった)を手に持って戻ってきた。(屋外のプランターで栽培してるようだ)

ちょっと待ってたら、サラダとパンが運ばれてきた。

ランチ¥850のサラダはレタス、千切り野菜(大根、にんじん、紫キャベツ)、斜め薄切りきゅうり、アイスクリーム風にデッシャーで半球型に盛りつけたポテトサラダ、という内容でフレンチ風のドレッシングがかかっていた。

Aランチのサラダは、ランチのサラダにトマト、ブロッコリー、キッシュを加えて盛りつけされてたので、比較してみると彩り鮮やかでリッチなサラダだった。付いてたパンは油分と弾力のある自家製風のパンだった。

サラダを食べてたら、スパゲティが運ばれてきた。スパゲティは2種とも細めの麺が用いてあった。
エビと青じそのスパゲティは、エビの赤色と青じその緑が混じっててカラフルだったが、エビは小さくて具の少ない麺主体って感じのスパゲティだった。

揚げナスのピリ辛トマトスパゲティは、麺の上に2cm角位のサイズの揚げナスがたっぷりめにのっていた。ナスは熱々だったので、フーフーしながら食べた。みじん切りのニンニクと唐辛子によって、見た目以上にコクがあった。

食事してたら、年輩女性とその息子さん(40歳くらい)という2人連れの客が入店してきて、おっとりした様子で会話をかわし、注文していて、なごやかな感じがとってもよかった。

表通りにはない、落ち着きがあるので、年寄りをちょっと連れて行くのにもいいかも。ちょっとおしゃれな気分で静かに食事したいときなどによさそうなイタリアン。


↑店内


ランチ¥850のサラダ↑
↓エビと青じそのスパゲティ


Aランチ¥1200のサラダ↑、と
↓揚げナスのピリ辛トマトスパゲティ


↑付いてたパン 



tsukubalunch1 at 01:38コメント(0)トラックバック(0) 

2004年08月17日

04.8.17 初めて行った店
 地図中央の赤い十字が店の位置

◇ひたちの牛久駅近くの6号沿いに建ってる大野屋旅館内にある。以前あった旅館を壊し、今年、和風で現代的な2階建ての旅館ができた。

店の前が駐車場で、奥に旅館が建ってる。6号から見ると右に旅館の玄関、左に食堂の玄関店─と玄関が2つ並んでた。店の前はデッキ風で、大きな石も飾ってあり、外構にもお金がかかってる感じ。(この近辺には大野という屋号の付いた会社が多いので、地主orその一族なのかも)

住居も併設のよう。建物の西側の自宅用らしきの玄関&カーポートに向かって小学生位の男の子がちょうど自転車を飛ばして帰ってきたところだった。

玄関前にはちゃんとランチメニューが掲示されてた。

・さんま塩焼き定食¥800
・うな重¥1000
・牛丼¥800
・海鮮丼¥1000
・さば開き定食¥800
・ほっけ開き定食¥800
・ぶり塩焼き定食¥800
・焼肉定食¥800
・とんかつ定食¥800
・かつ重¥800
・肉野菜炒め定食¥700
・焼飯¥600
・かつお刺し定食¥1000

縦長の店内は真新しく、木ををふんだんに使ってておしゃれ。奥に厨房とそれに面したカウンター席(5席)があり、手前にテーブル席(2人用×3、5人用×2)とお座敷席(4人用×4つ)になってた。お昼時だったが、割と空いてた。

席に座ると、女性従業員がお茶を運んできてくれた。ちょっと考えて、海鮮丼¥1000ととんかつ定食¥800を注文した。厨房で調理していたのは30〜40歳くらいの男性。働いてる様子がラフな感じなので、この旅館の息子さんとか、身内なのかもしれない。

ちょっと待って料理がトレイで運ばれてきた。

とんかつ定食は、とんかつは大きさがちゃんとあって、家庭で揚げたのに近いとんかつだった(脇に千切りキャベツ、トマト、サラダが添えてあった)。これに、ごはん、小鉢(茄子のマリネ)、みそ汁、漬物がついてて、ボリュームたっぷりだった。

海鮮丼にはマグロ、かんぱち、かつお、いくらが入っていた。どの切り身も少し大きめに切ってあって、少しずつ重なるように盛りつけてあった。

トイレはとても凝ってて、男性の小用は、1つの壁がガラス張りで、その向こう側にライトアップされた箱庭が見えるようになっていた。

見た感じはとっても入りにくそうだが、意外に居心地がよく、味も雰囲気も家庭的で、ボリュームも割とある。まだ知られていないようだが、駅も近く、幹線沿いにあって便利な店。おすすめ度7.0。


↑店の外観


↑店内


↑とんかつ定食¥800


↑海鮮丼¥1000 



tsukubalunch1 at 01:39コメント(0)トラックバック(0) 

2004年08月16日

04.8.16 初めて行った店 地図中央の赤い十字が店の位置

◇つくば市だが下妻市との境界近くの125号沿いにある店。元祖札幌ラーメンというふれこみなので行ってみた。つくば中心から車で30分くらい。山も近くて木々も多い地域。店の横の駐車場はかなり広くて大型トラックも楽々止められそう。

元祖札幌や、という店名だが、東京の品川にある中華麺製造会社が展開するラーメンチェーン。全国に100以上店舗があるらしく、東京や神奈川などにたくさん店があるみたい。

店は平屋の簡素な造り。玄関入ると、右手奥が横長の広めの厨房があって、それに面してL字のカウンター席がある。通路を挟んでその周囲にテーブル席が配置されてた。

午後1時ちょっと過ぎていたが、店内は半分くらいの席がうまっていた。おばちゃんの従業員に誘導されて席に座った。

ラーメン店としては珍しくランチメニューがあった。そういえば近頃つくばでも、よってこや、Asia、などでもランチメニュー現れてる。お昼にごはんも食べたい人にはうれしい傾向かも。

メニューは

◆ランチメニュー(平日11:00〜14:00)
・ラーメンセット(ラーメン、半ライス、餃子、お新香)
 みそ・塩・醤油各¥945
 ネギみそ・ネギ塩・ネギ醤油各¥1050
・チャーハンセット(ラーメン、半チャーハン、餃子、お新香)
 みそ・塩・醤油各¥1050
 ネギみそ・ネギ塩・ネギ醤油各¥1155
・パンチセット(ラーメン、半ライス、もつ煮込み、お新香)
 塩・醤油各¥998
 ネギみそ・ネギ塩・ネギ醤油各¥1155
・パンチチャーハンセット(ラーメン、半チャーハン、もつ煮込み、お新香)
 みそ・塩・醤油各¥1155
 ネギみそ・ネギ塩・ネギ醤油各¥1260

◆麺類
・みそ、塩、醤油各¥630
・ネギみそ、ネギ塩、ネギ醤油各¥735
・みそチャーシュー、塩チャーシュー、醤油チャーシュー各¥840
・ネギみそチャーシュー、ネギ塩チャーシュー、ネギ醤油チャーシュー¥945
・特製冷し中華(夏季のみ限定)¥840
 ◎麺大盛り¥158

◆ご飯・定食
・カレーライス¥630
・チャーハン¥735
・餃子セット¥683
・もつ煮込みセット¥735
・半ライス¥158
・ライス¥210

醤油ラーメン¥630とランチメニューのラーメンセット¥945をみそラーメンで注文した。

厨房では50代くらいのおじさんがてきぱき働いてて、店主かも。この店はみそラーメンが人気らしい。ガス台の脇には大きめの箱みたいの容器に入った白味噌がど〜んと置いてあって、みそラーメンの注文受ける度にこの味噌を小鍋でスープに溶かし、味を整えてから丼に注いでいた。1日のみその消費はかなりの量みたい。

カウンター席横のシースルーの冷蔵庫の中にはハウスのコクまろカレー(中辛)の箱がいくつか積み重ねて入っていた。まかない用?と思ったが、メニューにカレーがあったのでこれで作ってるのかも。

ちょっと待って醤油ラーメンとみそラーメンのセットが運ばれてきた。

◆醤油ラーメン¥630
・麺…ウエーブのある中麺
・スープ…しょうゆ色薄い、油分中くらい、背脂なし
・具…焼き豚、メンマ、わかめ、ねぎ

醤油色が薄く、塩ラーメンみたい。スープをひとくち飲んでみると、まろやかな中にしっかりした塩分を含んでいて、かなり味付けとしては濃いめの感じ。麺は少し透明感のあるタイプ。大きめの焼き豚はちょうどいい歯ごたえのものだった。

◆みそラーメンのスープの味を整えてる時、店主らしきおじさんは白い色の調味料を2種、どちらもたっぷりめにスープに加えていた。白い調味料って、砂糖、塩、化学調味料などが思い浮かぶが、何と何だったんだろう・・・。

みそラーメンは、加糖による甘みなどはなく、ニンニクの効いたまろやかしっかりした味付けのものだった。私には醤油もみそも味が濃ややすぎる感じだが、店内はほとんどおじさん客だったので、場所柄こういう味付けの方が好まれるのかも。

幹線沿いにあり店内も駐車場も広いので入りやすく、ごはんのセットなどメニューも豊富で、働くおじさんたちに人気があるみたい。


↑醤油ラーメン¥630


↑ランチメニュー
ラーメンセット(みそ)¥1050


↑みそラーメンのアップ 



tsukubalunch1 at 01:40コメント(0)トラックバック(0) 

2004年08月15日

04.8.15 前回02.8.23
 地図中央の赤い十字が店の位置 

下妻市にあるラーメン店。つくばから離れてるので行くのは2年ぶり。砂沼サンビーチの先にあるので、夏場は注意しないと渋滞に巻き込まれる。

着いたのは正午少し前。店内は、右手に小上がりのお座敷席、左手は奥が厨房とそれに面したカウンター席、通路を挟んで左手前がシートのテーブル席になってる。前来た時と変わってないが、毎日の油煙のせいか少しセピア色かかってた。日曜だったので小さな子ども連れファミリー客などで割と混んでた。

席に座ってメニューを見た。

◆ラーメン
・黒龍とんこつラーメン¥480
・とんこつしょうゆ¥480
・とんこつみそ¥480
・チャーシューメン¥580
・ネギラーメン¥580
・黒龍チーズとんこつラーメン¥580
・かえ玉¥100

◆餃子
・焼き餃子¥250
・揚げ餃子¥250

◆ご飯物
・チャーシュー丼¥350
・ライス¥150
・半ライス¥100

◆おつまみ
・おつまみチャーシュー¥350
・鶏唐揚げ¥300
・枝豆
・キムチ
・おしんこ
・もつ煮込み

◆セット(平日ランチタイムのみ)
・煮込みセット¥750
・餃子セット¥700
・ラーメンセット¥550

黒龍とんこつラーメン¥480、とんこつしょうゆ¥480、焼き餃子¥250を注文した。オーダー取りにきた高校生くらいの顔グロっぽい女性従業員は、まったりとした対応。ファーストフードのアルバイトではこういう店員はいない。その辺の地べたに座り込んでる女子高生がそのまま店員になってる感じ。

厨房では30歳くらいの店主とそのお母さんが働いていて、店主は以前よりやや太ったみたい。接客係の女性は3人いて、2人が顔グロっぽさのある若い従業員だった。

ちょっと待って、料理が運ばれてきた。

◆黒龍とんこつラーメン¥480
・麺…白っぽいストレートに近い細麺
・スープ白濁、油分多い、
・具…焼き豚、メンマ、味付け玉子1/2、細切りきくらげ、小ネギ

◆黒い色の丼に白いスープが映えて、具の種類も多いので¥480としては見かけは立派。スープ表面にはたっぷり油分が浮いていて、とんこつ特有の酸味・くさみも漂っている。細切りきくらげは、運ばれて来たときにはすでに表面がとろけたようになっていた。麺は少し柔らめだった。前に来たときよりも、とんこつしょうゆは臭みがずっと痛烈になってた。

チャーシュー丼はスライスしたチャーシューの横に絞り出した形状でマヨネーズがたっぷり添えてあった。私はごはんの上にマヨネーズがのってるのは好きじゃない。添えてあったスープは、強い白濁したとんこつスープで、これも個性強烈だった。

2年前来た時は、開店当初の鮮烈さがあったが、味も雰囲気もかなり変化して一般的になってた。値段の割に具も充実しててこの付近では人気のあるラーメン店のよう。

◇営業11:00〜14:00、17:00〜22:00


↑外観


↑店内


↑黒龍とんこつラーメン¥480


↑とんこつしょうゆ¥480


↑焼き餃子¥250


↑チャーシュー丼¥350 



tsukubalunch1 at 01:40コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
最新記事