2004年05月

2004年05月31日

04.5.31 初めて行った店
 
地図中央の赤い十字が店の位置

◇エスニック食べ歩きシリーズ第2弾は、6号沿いにあるキューバ料理の店。

正確には、6号沿いのつぶれた焼肉店の奥側にあるので、もう閉店したのと思ったが、念のため駐車場に入って店をよく見ると、ようやく営業しているのがわかった。

玄関前にはツリー風の植木が置いてあって、手作りっぽい看板は派手で、エキゾチックで謎めいた印象。キューバ料理なんてどんな料理が出てくるかも分からないし、とっても入りにくい。でも玄関前にあった黒板のランチメニューを見ると、豚ロースカツ、やポークソテーなど日本の洋食屋さんのようなメニューだった。

アーチ風にせり出した入口から建最初のドアを入ると、少し暗めの廊下っぽい空間で、その先のもう1つのドアを入ると店内。

横長の長方形の店内は床が板張りで、外から見た感じよりずっと広々していて、木製の可動式の椅子&テーブルがゆったりと配置してあった。天井や壁に国旗とか民族帽子などが飾ってあっておしゃれな雰囲気になってるが、天井にはプロっぽい照明装置があったり、部屋の隅の方に楽器類がたくさん置いてあって、レストランというより、多目的ホールみたいな雰囲気。

席に座ると、30代くらいの日本人女性がお水を持ってきてくれた。丁寧でにこやかな対応が好印象で、店に入る時から緊張ぎみだった気持ちが少しほぐれた。

テーブル上に置いてあったチラシやメニューを見たら、この店はラテンパーカッショニストの渡辺康行氏がオーナーとのこと(パーカッションとはシンバル、ドラム、大太鼓 、カスタネット、タンバリン、マラカスといった打楽器全般のことらしい)で、中南米の演奏旅行で培った料理と音楽が楽しめるらしい。毎月数回生ライブも行っているようだ。

ランチメニューは
・チキンソティ
・ポークソティ
・豚ロースカツ
・ビーフ一口カツ
・鶏肉チーズ掛け焼き …の5種、各¥920(サラダバイキング、ドリンク付き)

・白身魚黄唐辛子ソースかけ¥1300

グランドメニューには、カリビアンコースなどがあって、ナチョスやタコスなど南米らしいメニューも載っていたが、ランチは洋食屋さんのようなものばかりだった。鶏肉のトマトソース煮タコス(4枚)¥940や野菜のタコス(4枚)¥1050に心惹かれながらも、初回なのでランチメニューの豚ロースカツと鶏肉チーズ掛け焼きを注文した。

ドリンクは
・コーヒー(ホットorアイス)
・紅茶
・マテ茶
・ジンジャーエール
・コーラ
・ジュース(オレンジ、グレープフルーツ、今日はマンゴもある)
から選んだ。

サラダバイキングは、店内右手にある厨房の前に準備してあった。レタス、大根、人参、わかめ、ブロッコリー、カリフラワー、ゆで卵とサルサ(スペイン語でソースのこと)が3種。家庭的な雰囲気だが、とっても種類が豊富!

ちょっと待って料理が運ばれてきた。
豚ロースかつは量たっぷりめで、レタスを敷いて盛りつけてあって、上にパプリカ・ミニコーン・ローズマリーを載せてあり、南国風の華やかな料理に仕上がっていた。かかっていたソースは透明な薄い茶色のソースで、アジア系の醤油みたいな感じだった。

鶏肉のチーズ掛け焼きは、フライパンで沸状態で運ばれてきた。とろ〜り溶けたチーズのフライパンに接してるところは焼き色が付いて香ばしくなっていた。チーズの下には、鶏肉やバターで炒めた玉ねぎなどがたっぷりめに埋まっていた。付いてたパンは、ステック形のサクッとした食感がスナックっぽいものだった。お代わりもどうぞと言われた。

食後のマンゴージュースはまったり濃厚だった。

この店、以前はMOG2階にあったのがここに移転してきたとのこと。わかりにくいせいか、ランチは不思議なくらい混んでいなかったが、対応がやさしくてなごめるので、居心地がいい。特に思うのは、結婚式の2次会にはぴったり。ダンスも踊れそうだし、交渉すれば生バンドも可能かもしれないし、オリジナルの素敵な宴会ができそう。ランチは洋食屋さんでご飯を食べてる感じなので、おじさんたちにも受けそう。おすすめ度7.7。

◇営業11:30〜14:00 18:00〜深夜1:00  火曜定休     
◇テーブル席4人×9くらい  ◇駐車場…約16台


↑店の外観

↑店内

↑ランチのサラダ(バイキング)

↑鶏肉チーズのせ焼き¥920

↑付いてたパン

↑豚ロースカツレツ¥920

↑豚ロースカツレツのアップ

↑ドリンク(マンゴジュース) 



tsukubalunch1 at 23:56コメント(0)トラックバック(0) 

2004年05月25日

04.5.25 初めて行った店
 
地図中央の赤い十字が店の位置 
土浦市荒川沖 5-109 電話029-841-5000

◇6号沿いのタイ料理店。この5月に新規開店した。エスニック食べ歩きシリーズ第4弾!

店はすぐに見つかったが、怪しげな雰囲気の建物で、1階中央の階段(その両脇は空き屋みたい)を上がった2階が店のよう。タイ人らしき男性が天井に木製のタイ風の細工(タイの寺院でみるような、ろうそくの炎を連ねたような細工)の作業をしていた。

階段を上がると踊り場になってて、ランチメニュー2種の現物見本があった。
・タイカレーランチ¥680
・日替わりランチ¥680
とっても手頃な値段だったので、安心して入った。

狭いと思ってたが、2階のフロアー全部を使ってるようで広々してた。6号に面した窓にはすだれがかかってて直射日光は遮ってあるので店中は暗めの落ち着いた感じ。椅子&テーブルは竹製で、各テーブルには蘭の花が生けてあり、天井からは紙製の金魚などが吊してあったりして、タイの町中のおしゃれなレストランみたいな(店内奥は、手作り小物の販売コーナーみたい)。

中央付近の大画面テレビ(3台ほどあった)ではカラオケが画像(タイののどかな農村で、若い男女が追いかけっこをしたり、おしゃべりしたりしている)と共に流れていた。カラオケの字幕はタイ文字だった。

席に座ると、20歳くらいの若い女性がシルバーっぽい器入りのキンキンに冷えたお水を持ってきてくれた。日本語が流ちょうで日本人っぽかったがタイ人の雰囲気もあったので、タイ在住がとても長いか、もしかしたらハーフ?

見本が展示してあったタイカレーランチ¥680と日替わりランチ¥680を注文した。

グランドメニューは種類豊富。トムヤムクン(エビの酸っぱいスープ、世界3大スープの1つ)、ソムタムタイ(青いパパイヤのサラダ)、パッドタイ(タイ風焼きそば)、私の好物のタイチャーハンもちゃんとあった。

・タイカレー(5種)¥680〜880
・麺(8種)
・ライス(5種)¥150〜1200
・焼き物(6種)¥580〜980
・炒め物(15種)¥780〜1500
・揚げ物(4種)各¥580
・スープ(9種)¥680〜1480
・サラダ(14種)¥680〜1280
・その他(12種)¥580〜1280
・デザート(5種)¥280〜580

ちょっと待ってると丸い木の盆に載った料理が運ばれてきた。お盆は円卓みたいにくるくるまわるものだった。

タイカレーランチは、レッドカレー(チキン、なす入り)、ピリ辛サラダ(春雨、プチトマト、キクラゲ、小ネギ入り)、小鉢(厚揚げときゅうりの冷製甘酢かけみたいな品)、ライス(南方米、量たっぷり)、デザート付き(パームシードと、バジルの実のふやけたもの)だった。レッドカレーもそこそこ辛かったが、タイには数回行ったことがあり、タイカレーには慣れてるので大丈夫だった。しかし、春雨&プチトマトのサラダはものすごく辛かった! !! プチトマトの種だと思ってたのが唐辛子の種だったようで、口の中はもうカチカチ山状態で、息を吐いたら火が出そうだった。

日替わりランチは、鶏肉のピリ辛和え(みたいな品)、青菜と魚のすり身団子の炒め煮(みたいな品)、小鉢(厚揚げときゅうりの冷製甘酢かけみたいな品)、ライス、スープ(魚の団子・豆腐入り)が付いていた。青菜と魚のすり身団子の炒め煮(みたいな品)は辛くない料理でタイのお袋の味っぽくて私このみだった。

壁にプーケットラガービールのカラフルな貼り紙がしてあって、飲んでみたくなった!エスニック食べたら、ビールも飲みたくなる今日この頃であった。(夜の食べ歩きも始めちゃおーかな〜!)

東京などでエスニックを食べると千円くらいはするし、日本風に味がマイルドに変えてあることが多いが、たった¥680で本格的タイ料理(ボリュームたっぷり)が食べられるとは重宝しちゃう。外観は入りにくい感じだが、タイ人らしいやさしい雰囲気の店。おすすめ度7.3。

◇ランチ11:00〜14:30(平日) 、営業11:00〜22:30 無休     
◇テーブル席4〜10人×7、◇駐車場…8台



↑店内


↑お水&おしぼり


↑タイカレーランチ¥680

↑日替わりランチ¥680 



tsukubalunch1 at 23:57コメント(0)トラックバック(0) 

2004年05月24日

04.5.24 初めて行った店
 
 地図中央の赤い十字が店の位置 

◇観音台に新しくできたベトナム料理店。冗談みたいな店名なので、本当にあるのか不安だったが消防署の向かいにあると聞いて行ってみた。夏はエスニックが合うので、カレーを含めた『エスニック食べ歩きシリーズ』を始めることにした。この店はその第1弾!!!

のどかな新興住宅地にアパートと民家に挟まれるようにして建っていた。居酒屋の看板はあるが、やや奥まってるので、見逃してしまいそう。敷地内の車3台分くらいのスペースに車を止めた。

民家の玄関前に建つ平屋の簡素な建物が店だった。昔の長屋みたいで、軒先にテラス席(4人×2,8人×1)があって、タイなどでよく見かける生活様式。

テラス席の間を通って、店内に入ると、正面にはカウンター席があって、右手にはお座敷席もあった。室内は、日本のよくある居酒屋の感じ。カウンター内にいた50代くらいの女性が店主のようだが日本人だった。

席に座ると、お水を持ってきてくれた若い女性は、ベトナム人かも。

ランチメニューは、ごはんとめんのセットメニュー3種。
・A…ごはんとめん 生・揚げはるまき¥850
・B…ごはんとめん 牛肉野菜いため¥750
・C…ごはんとめん Aにパパイヤサラダ¥1150

単品メニューは写真入りで載っていたが、ランチメニューは写真がなかったので、内容はわからなかった。ええいっ!って気持ちでAセット¥850とBセット¥750を注文した。

注文受けると、店主らしきおばちゃんがカウンター内で調理をしていた。とても家庭的な雰囲気で、若い女性は従業員というよりおばちゃんの家族or身内っぽい感じだった。


単品メニューにフォ・ガー(一般的なチキンうどん)、フォー・ボー(牛肉入りうどん)とあった。フォーは米麺のことなので、この店のめん・うどんは米の麺のことかも。

先にめんが運ばれてきた。薄型の小ぶりな丼に、透明感のあるきしめん風の平たい白い麺が入っていた。食べやすい温度に冷ましたみたいで、つるつるした食感の米の麺にはちょうどいい。具は小ネギ・もやし・鶏肉で塩味仕立てのスープはあっさりした味わい。パクチーなどは入ってなく、私はものたりなかったが食べやすいかも。

次にAセットの生はるまきと揚げはるまきを載せたごはんが運ばれてきた。
生春巻きは、海老・ニラ・きゅうり・春雨・青しそなどが巻いてあった。添えてあったタレは透明で、甘酢っぽいかった。揚げはるまきは、挽肉・きくらげ・春雨などの具をしっかり混ぜてから巻いて揚げて、3つに切ってごはんの上に載せてあった。適度に味が付いていたので、辛みのあるタレも別皿に添えてくれたが使わなかった。

Bセットの牛肉野菜炒めは、玉ねぎ・もやし・人参・竹の子・牛肉などをフライパンでささっと炒めた感じの料理だった。よく食べるような野菜炒めに少し東南アジアの香りを加えた感じの味になっていた。

エスニックというと、敬遠しがちな人も多いけれど、この店のは店主のおばちゃんが日本人みたいで、和食や中華に似た感じの、馴染みやすい味付けだった。気軽にベトナム料理を食べれてとっても便利。おすすめ度7.0。

◇営業11:30〜13:00 17:00〜20:30 日祝休     
◇カウンター席6、お座敷席4人×2、外にテーブル席4人×3  ◇駐車場…約3台


↑店の外観

◆Bセット¥750
↓めん

↓牛肉野菜炒め

◆Aセット¥850
↓生春巻き

↓揚げはるまきごはん(めん付き)

 



tsukubalunch1 at 23:58コメント(0)トラックバック(0) 

2004年05月22日

 04.5.22 前回02.9.7
 地図中央の赤い十字が店の位置 

◇タンメンが評判の小さな食堂。他の店の野菜たっぷりラーメンとしっかり食べ比べようと約2年ぶりで行ってみた。

つくばから土浦に向かうくねくね道の途中にある。駐車場は、店頭に2台と道を挟んだ向かい側に3〜4台分くらいあった。

玄関(サッシの引戸)を手で開けて入ると、縦長の店内は前回来たときとほとんど変わっていないくて昔ながらの簡素な雰囲気。奥が厨房で、手前にテーブル席(4人×6)が2列で配置してある。

メニューは以前と同じみたい。
・ラーメン¥400
・タンメン¥500
・もやしラーメン¥500
・みそラーメン¥500
・塩ラーメン¥550
・冷し中華¥650
・冷しざるラーメン¥450
・ぎょうざ¥350    など

迷わず目的のタンメン¥500を注文!注文とりに来てくれた女性は、下町のおばちゃんって感じの人。厨房で調理してた60歳くらいの丸顔の店主と似ていたので娘さんかも。時々厨房に入って、麺ゆでなど調理の手伝いもしながら2人で店を切り盛りしていた。

店内には2組ほど先客がいて、店主が中華鍋で炒め物をしている音が厨房から聞こえていた。カンカン、ジューという音やにおいでますますお腹が減ってきた。

タンメンは作りたての超熱々で薄いブルーの丼で出てきた。

麺の上に炒めた野菜がもうこれ以上は乗らないって位うずたかく盛り付けてあった。豚肉(かなり多い)、もやし、にんじん、にら、キャベツと彩りもきれい。立ちのぼる湯気には、ふわっとニンニク(たぶんみじん切り)のにんにくの香りして食欲がそそられる。スープも縁ぎりぎりまで入っていたため、テーブルに移す際、トレイにちょっとこぼれてしまった。

どんぶりは、一見小ぶりに見えるが、野菜がてんこもりのためで、計ってみると普通のサイズだった。

野菜は、にんじんはせん切り、キャベツの茎も含めて1口サイズに切ってあるので、食べやすい。普段敬遠しがちなキャベツの茎がところどころに入っていて、そのしっかりした歯ごたえがアクセントになっていた。

麺は野菜の下にあって全く見えなかったので、素早くフーフーして上の野菜を数口食べてから、ひっぱりだすようにして麺にも取りかかった。

麺は軽いウエーブのかかった中細麺。表面がつるつるしてて、のどごしがいい感じ。上の野菜に手間取っていたので、麺を食べるタイミングが遅れたかと思ったが大丈夫だった。

野菜は、強火で炒めてあるので、シャキシャキした歯ごたえで、味も生き生き。高価な材料は何も使っていないけれど、これぞ庶民の食べ物というまぎれもない存在感がある。角ふじなどでは茹でた野菜を使ってたが、ラーメンにのせる野菜は炒めてある方が熱々で私は好き。

正午まえだというのに、40代の夫婦連れや男性客などが入店してきて、店内の6つあるテーブルはあっという間にいっぱいになった。大半の客はタンメンを注文してたが、炒めもの(ライスと組み合わせて注文していたよう)もボリュームたっぷりだった。

最近こんなにあごを使ったことあったかな〜と思うほど、たっぷりの野菜をしっかり噛みしめて食べた。たった500円でお腹もいっぱいになって野菜不足もいっきに吹っ飛ぶぞ〜。おすすめ度7.4.

◇営業11:〜14:00、17:00〜21:00。 日休
◇ラーメン¥400、タンメン¥500、チャーハン¥450、レバニラ炒め¥500など。
◇テーブル席4人×6。◇駐車場…道路をはさんで向かい側に3台、店の前に2台?

店内

タンメン¥500
(写真だと野菜の高さがわかりにくい) 



tsukubalunch1 at 23:59コメント(0)トラックバック(0) 

2004年05月21日

04.5.21 前回03.8.19
 地図中央の赤い十字が店の位置 

◇牛久寄りの408号沿い(ドライブイン牧園の交差点を東に少し入った所)にある。こぢんまりした外観は、ケーキ店or喫茶って感じ。

玄関前に今日のメニュー(10種)が書いてあるホワイトボードが掲示してあった。ランチはコーヒー付きとのこと。

・ミックスフライ(ヒレかつ、イカ、エビ)¥892
・ミートカレー、野菜オムレツ添え¥892
・カジキマグロとキノコ類の和風ソテー¥892
・酢豚バルサミコ風味¥892
・チキン小悪魔風(粒マスタード風味)¥892
・ナポリタンセット(サンド付き)¥840
・豚のしょうが焼き¥945
・牛カルビステーキ丼¥350
・ハンバーグと白身魚のタルタルソース¥892
・豚角煮とカニクリームコロッケ¥892    

午後1時を少し過ぎていたので、店内はそんなに混んでなくて、入ってすぐ左手のカウンター席に女性の2人連れが2組、廊下の右手にある個室風の空間に4人組と2人連れ(いづれも女性グループ)がいたが、半分くらいの席が空いていたのですぐに座れた。

前に注文したグラタンセットにしよう!と勢いいさんできたのだが、きょうはメニューになかったので、ちょっと悲しかった。しばし悩んで、ハンバーグと白身魚のタルタルソースを注文した。

この店、以前は男性客の方が多かったようだが、今日は女性ばかり。近くの席の女性客は主婦みたいだで、のんびりとコーヒー飲みながらおしゃべりしてた。時間帯のせいなのか、女性客にこの店ものっとられぎみなのか。(近頃は人気が出てくると、女性客の方が圧倒的に多くなる店が多い。)

先に、ランチに付いてる小鉢と漬物が運ばれてきた。小鉢は小さめに切った鶏肉と野菜(ごぼう、こんにゃく、しいたけ、れんこん)の煮物は筑前煮っぽかった。漬物(なすと大根)は市販品みたいだった。

ちょっと待って、料理、ごはん、みそ汁が運ばれてきた。
普通サイズくらいのハンバーグ&白身魚のフライが2つ、脇には生野菜も付いていて、けっこうボリュームがあった。みそ汁は具のワカメが少なくて、汁だけって雰囲気だった。

ミックスフライの定食は、ヒレかつ2つ、いかフライ1つ、エビフライ2つ、白身魚のフライ1つが付いていて、男性向きの内容だった。

日替わりとはいいながら、大きな変化はない感じだが、煮物の小鉢付きなので、それなりに満足できる。おすすめ度7.4.

◇ 月定休
◇ミックスフライ¥892、ミートカレー野菜オムレツ添え¥892、カジキマグロとキノコ類の和風ソテー¥892など
◇カウンター席、テーブル席4人×2、2人×4 ◇駐車場…6台くらい


↑外観


↑店内


↑ランチの小鉢&漬物

↑ハンバーグと白身魚のタルタルソース
¥892

↑ミックスフライ¥892 



tsukubalunch1 at 23:59コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
最新記事