2004年03月

2004年03月31日

04.3.31 初めて行った店  04.5月末に閉店
 
地図中央の赤い十字が店の位置 

◇土浦学園線と西大通の交差点近くのパチンコ店隣り(雑居ビルの1階)に、この3月にオープンした店。

玄関は西大通側と裏側の2カ所にあって、歩いて行くならどっちからも入れるみたい。車の場合は、駐車場が裏側に(2台分くらい?)あるので、西大通りからとんQの角を曲がって1本入らなければならない。

ちょっと古めいた雰囲気の建物の1階にある。赤い暖簾が風にはためいているが、ちょっと入りにくい感じ。

やや腰が引けながらも、玄関戸を開けると、いらっしゃいませとの声がかかった。裏手の方から入ると、縦に細長い店内はやや暗めで、左手が1列に並ぶカウンター席で、右手は小上がりのお座敷席になっていた。以前は飲み屋だったみたいな店内は、壁紙を張り替えたりと改装してあって、古いながらも極力こざっぱりした雰囲気になっていた。

玄関入ってすぐところに券売機が置いてあり、食券のシステムらしい。
カウンター内にいた50歳くらい男性が店主のよう。ほかにおばちゃんっぽい従業員が2人いた。

券売機のところで、食券を買おうとしてたら、店主に今、醤油らーめんと味噌ラーメンは今半額でやってますからと声を掛けられた。

メニューは
・醤油らーめん¥500
・味噌らーめん¥550
・ねぎラーメン¥650
・チャーシューラーメン¥750
・塩ラーメン¥700
・つけめん¥700
・ミニラーメン¥250
・グルメらーめん¥950

◆醤油らーめん\500 
・麺…黄色の濃いウェーブ中麺 ・スープ…混濁、背脂中くらい
・具…焼豚、メンマ、味付け玉子1/2、のり、ねぎ

◇帽子みたいな形の和風の丼で出てきた。味噌も醤油もしっかり混濁していて、見ためにはどっちがどっちだかわからない。運ぶとき接客係のおばちゃんも店主にどっちが味噌でどっちが醤油かもう一度確認してから運んできていた。

とんこつベースのしっかり混濁スープは、表面に背脂が中〜ややたっぷりめに浮いていた。焼き豚は自家製のようで、口の中で溶けるくらい柔らかく、しっかり味が付いていた。

丼のい形状のせいか、はってあるスープはやや控えめのよう。麺は黄色が濃くプリプリした食感だった。味付けは、少し濃いめになっていた。

あまり期待せずに行ったラーメン店だったが、思っていたよりきちんと作ってあるラーメンだった。胃庶民的な飲み屋の感じで雰囲気がお母さん達向けではないので、おすすめ度は6.8。

◇営業11:00〜 無休 ◇カウンター8席、お座敷席(4人×3) ◇駐車場…2台位


↑醤油らーめん¥500


↑味噌らーめん¥550 



tsukubalunch1 at 17:57コメント(0)トラックバック(0) 

2004年03月23日

04.3.23 初めて行った店
 
地図中央の赤い十字が店の位置 

◇2003.3月に新築してオープンしたばかりの店。408号沿いにある黄色の平屋の建物。以前、点心の家(中華店)だった建物(今は教会)のすぐ近く。両方とも黄色い建物なので目立ってる。

お昼時に着いたら、店頭の10台くらいの駐車場はいっぱいだった。そこで、その奥にあるただの空き地みたいな駐車場に車を止めた。この土地、地面をならしてなくて、土の表面が粘土というか泥地っぽくて、車輪はめり込むし、泥は跳ね上がるし、ちょっと大変だった。

玄関前のホワイトボードに日替わりの内容が書いてあった。この日は、中華そば・牛肉と白菜の丼・杏仁豆腐のセットで¥700だった。これがランチメニューなのかも。

玄関入るとテーブル席とお座敷席があって、(建物外観より席数が多い感じ)かなり混雑していた。右手奥が広めの厨房で、男性の調理人が2〜3人(みんな中国の人みたいだった)いた。店内は壁の1つが赤色で中華料理店っぽいが、高級中華というより家庭的な雰囲気。

タイミングよく空いてた席があってすぐに座ることができた。
メニューを見ると、店頭にあった日替わりの他にランチメニューはないみたいで、

◆麺類
・中華そば¥550
・チャーシュー麺¥720
・ネギらーめん¥620
・ネギチャーシュー麺¥890
・ネギ味噌らーめん¥670
・ネギ味噌チャーシュー麺¥890
・正油つけ麺¥720
・味噌つけ麺¥720
・坦々麺¥750

◆セット
・チャーハンセット(ラーメン&半チャーハン)¥820
・水餃子セット(ラーメン&水餃子&半ライス)¥820
・点心セット(点心&麺or飯類)¥980
 点心:焼売、小籠包、蝦チリ餃子など6種から1つ選ぶ
 麺or飯類:ジャージャー麺、五目チャーハン、中華そばなど5種から1つ選ぶ
・プラスセット

◆中華定食
・麻婆豆腐¥820
・イカと野菜炒め¥1000
・エビのチリソース¥1000
・八宝菜¥1000
・青椒肉絲¥1000
・回鍋肉¥1000
・酢豚¥1000

◆炒飯、炒麺
・五目焼きそば¥720
・タコ焼きそば¥720
・五目チャーハン¥720
・レタスチャーハン¥720
・四川風タコチャーハン¥720

◆中華粥
・ザーサイ粥¥550
・海鮮粥¥600

この他、1品料理と麺類or飯類とのセット(¥900〜1200)もあるし、店名通り点心も10種以上揃ってて、メニューは豊富。

ちょっと考えて、日替わり¥700と中華そば¥550を注文した。接客してくれたのは、近所のおばちゃんみたいな感じの女性従業員だった。

ちょっと覚悟していたけれど、料理が来るのは割と早かった。

日替わりは、中華そばは薄いブルーの丼に焼き豚・メンマ・なると・のりが載ってるシンプルなラーメンで、通常メニューの中華そばより少し麺の量が少なめだった。牛肉と白菜の丼は、中華丼に似てて、牛肉は少なく白菜・竹の子・にんじんが主な具はだった。

常時メニューの中華そばは、日替わりの中華そばより丼が大きめでのりの代わりにほうれん草が入ってた以外は同じみたいだった。麺は縮れた細麺で、スープはだしの風味が抑え気味のあっさり風味で、焼豚は薄切りだった。

この店は、麺類を単品で注文するより、点心&麺類・飯類のセットの方がお得な価格設定になってるみたい。気軽に食べられる中華の定食屋さんのような店。おすすめ度6.9.

◇営業時間11:00〜23:00 無休
◇お座敷席4人×6、テーブル席4人×8 ◇駐車場…10台位?


↑日替わり¥700
(中華そば、牛肉と白菜の丼、杏仁豆腐)


↑中華そば¥550 



tsukubalunch1 at 17:57コメント(0)トラックバック(0) 

2004年03月22日

04.3.22 初めて行った店
 
地図中央の赤い十字が店の位置

◇竜ヶ崎のラーメン店がつくばに2号店を出した。直営店のようだがチェーン化を狙ってるのかも。交差点のセブンイレブンのすぐ脇で、竜ヶ崎店と同じくコンビニに隣接してる。

珍来もあるこの一画は、DVD&古本を販売してる店もあり、裏街道的な雰囲気もある。

昼時だったので、店頭に7〜8台分ある駐車場はすでにいっぱい。セブンイレブン、珍来とは駐車場は形式上は別だが、事実上、共同みたいになっているのかも。

全面改装したみたいですっきりきれい。中央に朱色のコの字のカウンターがあって、上からピンライト風のライトがつり下がっていてモダン。

コの字の中央部分が厨房になっていて(客席とは壁で遮ってある)。窓側のところは1列のシート席があり、ラーメン本などが置いてあったが、待ち客用の席のよう。

カウンター内には真新しいビールサーバー、酒らしき瓶も置いてあって、お酒の飲めるラーメン店にしたいよう。

メニューは
・ラーメン¥600
・チャーシューメン¥800

・味付け玉子¥100
・のり¥100
・ほうれん草¥100
・メンマ¥100

・ライス¥200
・焼き豚ライス¥350

・替え玉¥150
・麺大盛り¥100

駐車場がいっぱいだったが、店内は満席ではなく意外にすんなり座れた。

カウンター内で接客していた30歳くらいのきれいな感じの女性が、グラスにクラッシュアイス入りのお水を出してくれた。厨房では男性2人(店主ともう1人)が働いているようだった。

ラーメン¥600を注文した。店内にいた人たちは、年代的にはちょっと若く、インターネットで開店の情報を知って来てるような感じの人たちが多かった。また、チャーシューメン大盛り(¥900)とか、ラーメン+焼き豚ライス(¥950)など、結構リッチに注文していた。

やや待ってラーメンが運ばれてきた。

◆ラーメン¥600
・麺…軽くウェーブのある太麺
・スープ…混濁スープ、黒〜こげ茶の破片の混じった黄色い油多く浮く、背脂なし
・具…焼き豚、メンマ、なると、ほうれん草、のり、ねぎ

◆外側が光沢のある紺色の小ぶりな丼に入って出てきた。丼の内側にはいっとくと店名があった。一緒に持ってきたレシートにも店名が入ってて、これも特注らしい。

小ぶりの丼、浮いてる多めの油、スモークしたみたいで縁がやや赤みがかった自家製らしき焼き豚、しっかり絞って葉脈っぽい食感のほうれん草、など取手の人気ラーメン店わかとら家のラーメンによく似た感じ。スープ表面に大小の黒い破片の混じった油が浮いているところは異なっていた。、

このたくさん浮いてる黒っぽい破片を初めて竜ヶ崎店で見たときは驚いた。見た目には玄人はだしのインパクトのあるラーメンの印象があるのかも。

この黒い破片、しっかり焦げているので、口に含んでも、元が何だったのかわからないが、にんにく(他、ねぎなども混ざってるかも)香味野菜のよう。

にんにくは焦げやすいので火加減に注意が必要で、焦がすと苦みがでるので、絶対焦がさないように、と料理本には書いてある。イタリアン料理店やステーキレストランでも、にんにくチップスなどでも、焦げてることはない。苦みやえぐみが強くて、ぽったり濃厚なスープの風味を損ねてる感じもするが、この特異な料理法が隠し味なのかも。

焼き豚は赤身の部分の多く、肉質がしっかりしている。全体に焦げくさいので、スモークしてある感じも違和感はない。ほうれん草はしっかりしぼった食感だった。

ラーメンは熱いけれど熱々ではなかった。冷えた油を入れるためか、スープの量が控えめなのでほうれん草や焼き豚によって温度が下がるためかわからないが、私は熱熱のラーメンが好きだし、熱々のスープの中の麺の方が食感に活力が感じられる。

この小ぶりな丼で替え玉を頼むと、スープが足りなくて冷えてしまうのではないかと心配になったが、こってりとして豚肉の味が濃厚で、おじさんたちに受けそう。ラーメンが小ぶりのためか大盛りを頼む人が多く、その値段をだすならとんかつ定食を食べに行った方が満足できる気もする。見た目のインパクトの強さと、スープ控えめで最後まで飲み干せる状況などから、連食するラーメンマニアに向きそう。満足度6.8。

◇昼のみ営業 11:00〜14:00   日休み
◇カウンター席約20 ◇駐車場…約8台?

↑ラーメン¥600 



tsukubalunch1 at 17:58コメント(0)トラックバック(0) 

2004年03月03日

前回03.6.2   
 地図中央の赤い十字が店の位置     

◇オークラフロンティアホテルつくば2Fにある店。半年ぶりに行ってみた。店頭に、日替わりが豚生姜焼きと掲示してあった。

正午少し前に入店したら、店内には年輩っぽいビジネスマンやおばさまグループなどが多く、以前とはかなり客層が変わった感じ。接客してくれたのは、以前と同じように和服姿のきりっとした女性従業員だった。

ちょっと迷ったが、日替わり¥950(サービス料込、税別、コーヒーor紅茶付き)の豚生姜焼きを注文した。

ランチ弁当や筑波嶺御膳を食べてる人たちが多かった。男性客の1人が灰皿を頼んだら、昼は禁煙なので・・・とのことだった。その客は、店のすぐ外の待合いみたいな喫煙所の方に向かったようだった。

そんな様子を眺めてたら、料理がきた。黒い和盆に、料理、ご飯、みそ汁、小鉢、漬物がのっていて、以前より日替わりは見ためが地味になったみたい(今日だけかもしれないが・・・)。

しょうが焼きは、豚バラ肉と刻んだ玉ねぎが一緒に炒めてあり、ボリューム感があったが、ふつうの定食屋の焼肉に近い感じ。付け合わせは超細切りのキャベツ、人参(たぶん京人参)、きゅうりなどが混じっていて、彩りきれいだった。

小鉢はほうれん草と油揚げのおひたし。以前は赤だしだったがみそ汁はふつうの味噌を使ってて以前よりご飯にあうかも。漬物は、野沢菜、ゴボウ、らっきょうの3点盛りだった。

この日は、大衆的な料理だったが、日替わりは、毎日1種で毎日その内容が替わる(ちなみに2月は19日で19種)。すし、天ぷら、炊き込みごはん、鍋物などいろいろあるので、日本料理の醍醐味を味わえそうなメニューを選んでまた来ようっと!おすすめ度7.0。

◇ランチタイム11:30〜14:00(月〜金) 無休
◇日替わりランチ¥950(コーヒー付き)、天ぷら定食¥1500、松花堂弁当¥2500など。
◇テーブル席4人用が10位、座敷席4人用が4位(個室もある)◇駐車場…契約駐車場

↑日替わり(豚生姜焼き)¥950 



tsukubalunch1 at 17:55コメント(0)トラックバック(0) 

2004年03月01日

04.3.1 前回02.10.25 
地図中央の赤い十字が店の位置

◇ウッディホテルスワのコテージ風のおしゃれなレストラン。
天井が高く、壁やテーブルクロスの白さと窓枠や床の木の質感がうまく調和していて、ナチュラルな雰囲気。大型のワインセラーもあり、各テーブルはゆったりと配置してある。

正午頃だったので、店内はかなり混雑していた。煙草の煙も少し充満していた。

メニューは、
◆週替わりランチ各¥1000(スープ・サラダ・パンorライス・デザート・コーヒー付き)。
・肉料理:若鶏のバターソース、くるみとポテトのロースト添え
・魚料理:野菜と海の幸のフリット

◆パスタランチ(サラダ・コーヒー付き)
・本日のパスタ:ゴルゴンゾーラ入りクリームソーススパゲッティ¥880
・ペペロンチーノ¥880
・フレッシュトマト¥980
・カルボナーラ¥980
・ミートソース¥980
・ボンゴレ(ビアンコ・ロッソ)¥980
・ラビオリ¥1000  など

◆本日のおすすめランチ(肉料理と魚料理)¥1600

ちょっと考えて、週替わりランチの肉料理¥1000と本日のパスタランチ¥880を注文した。接客は若い男女の従業員2〜3人で行っていた。初々しく慎重な物腰で新卒ちっくな感じ。

週替わりランチのスープとサラダが先に運ばれてきた。スープはオニオンスープだった。

その後、メインの若鶏のバターソース、クルミとポテトのロースト添えがきた。網目状のポテトチップスのトッピングがあり、おしゃれな盛り付け。鶏肉の周囲にクルミとさいの目のポテトが添えられていた。ポテトは表面にちょっと透明感があって、油を多めに含んでいた(低めの温度の油で揚げたような感じ)。クルミは料理との一体感はなかったが、見た目に上品。

スパゲッティは、とてもクリーミーだったが、期待していたゴルゴンゾーラらしさはあまり感じられなかった。

タバコの煙がちょっと気になったが、雰囲気が良くて、優雅に食事を楽しめる店。おすすめ度7.0。

◇ランチタイム 11:30〜14:00(月〜土) 夜営業 17:30〜21:00
◇週替わりランチ¥1000、パスタランチ\880など。
◇テーブル席4人×14 ◇駐車場…ホテルと共同で約30台
 

↑店内

↑スープ

↑サラダ


↑週替わりランチ(肉料理)¥1000
若鶏のバターソース
くるみとポテトのロースト添え


↑デザート

↑パスタランチ¥880。サラダ・コーヒー付き



tsukubalunch1 at 17:59コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
最新記事