2002年10月

2002年10月31日

02.10.31 前回02.6.19

◇店の後ろ側の駐車場を広げたみたいで、止めやすくなっていた。

店に入ると、酸味のあるにおいが漂っていた。アルバイトの人はいなくて、店主1人で切り盛りしてた。いちばん奥のお座敷席には、子どものいる家族が座っていた。

ラーメンを注文すると、そんなに待たずに出てきた。麺はややかため、スープは多めの油分がスープに馴染んでるって感じ。開店当初のような、透明感はないものの、ここんところ、そんなにばらつきはないみたい。焼き豚は、脂身が多い部分の肉だった。

餃子は、冷凍保存してないので、短時間で焼けるし、家庭的で食べやすい味。

丼の黄ばみはきれい。水はやや鉄分が感じられる。
千代田のがんこやに味が似てるらしいので、がんこやのラーメンも食べてみたい!満足度7.3。



tsukubalunch1 at 10:07コメント(0)トラックバック(0) 
 02.10.31  初めて行った店
つくば市花畑3丁目9-1-102 TEL0298-64-8706 地図中央の赤い十字が店の位置

◇ビル1階のテナントの1つ。店内は、少し暗めで白熱色の照明が付いてて、居酒屋って感じ。玄関入ってすぐ右手にお座敷(6人×2)、左手奥の方にもお座敷(6人×5)があった。

メニューは釜飯のほか、定食、鍋物、揚げ物などいろいろ。

この日のランチメニューは親子丼¥680、うな玉丼¥850の2種だった。釜飯店に来たんだから、やはり釜飯を食べてみようと思って、通常メニューの鶏釜めし¥850(みそ汁、漬け物付き)を注文!接客係の若い女性はちょっと素っ気ない感じだった。

釜飯は27種くらいあって、鮭¥800、いも¥850、いか¥850、ぎょうざ¥850、五目¥850、うに¥1800などで、もーキムチ、ハンバーグなど凝った釜飯もある。持ち帰りも(容器代+¥100)できる。

炊きあがるために約20分待つと、トレイに載った釜飯が出てきた。
南部鉄製の黒い釜に入った釜飯は、蒸らしてあってすぐ食べれる状態とのこと。蓋を取るとふわっと蒸気が立ち上った。

ご飯はうっすらしょうゆ色で、見た目ではちょっと硬め?と思ったが食べたらちょうどよかった。鶏肉(もも肉みたい)、うずら卵、にんじん、しいたけ、きぬさやなどが入ってた。鶏肉は少しパサパサしてる感じだったので、冷凍で保存されてのかも。

みそ汁は、ワカメと焼麩が入っててだしが効いてた。

釜が少し小ぶりで、ご飯の量はやや控えめに入ってるので、子どもと2人で食べるともの足りないかも。おすすめ度6.9。

◇営業時間 11:30-14:00、17:00-2:00 火休
◇お昼限定メニューあり(\680〜)。他に五目釜飯¥850、とんかつ定食¥850、など
◇お座敷席6人×7 ◇駐車場…他の店と共同で数台



tsukubalunch1 at 09:57コメント(0)トラックバック(0) 

2002年10月30日

 02.10.30 初めて行った店
サイエンス通り沿い 地図中央の赤い十字が店の位置
つくば市上横場1979-1 TEL0298-38-2794

◇外壁の緑色が派手な店。今年7月からランチを始めたらしい。
子連れお母さん(別名おばちゃん)軍団で行ったら、お座敷席に通してくれた。

店内は、すこし使いこんだ素朴な居酒屋って感じ。入って正面あたりにカウンターがあり、その奥が厨房で、厨房を取り囲むように、テーブル席とお座敷席があった。(お座敷席は、店内の3カ所にばらけてた)

店の従業員は30代位の男性が2人。おとなしそうな男性の方が接客担当で冷たいウーロン茶とおしぼりを持ってきてくれた。もう1人のちょっとマッチョな男性の方は、調理担当みたい(ずっと厨房にいた)。

ランチメニューは10種の釜飯で、お吸い物、おしんこ、サラダ、デザート付き。鶏ごもく¥780、牛そぼろ¥750、うなぎ¥800、しゃけ¥800、山菜¥680、かに¥1300、かき¥1200、きのこ¥780、うに¥1500、ほたて¥1100。サイドメニューにコロッケ、天ぷら、刺身などがある。

「どの釜めしにする?」「うーん…」
こういうときの主婦は真剣だ!

うに、ほたてなどのリッチな釜飯に心ひかれながらも、(子どもに半分以上食べられちゃうと、2人前注文と言うこともありうるので)鶏ごもくや山菜の釜めしなどを選んだ。

釜めしは、炊き上がるのに18分かかるが、話がはずんだので、あっという間の感じで釜めしがきた。

釜めしは、超炊きたて!サラダ、漬け物、みそ汁、デザート(くだもの)、しゃもじ、ご飯茶碗と共に、トレイにのって出てきた。

山菜釜めしは、わらびなどの山菜のほか、卵焼き、しいたけ、たけのこ、あさり、ゴボウ、ぎんなんが入ってた。各具には下味がしっかりついてた。具は別煮してあったみたいで、素材に合った味付けがされてた。ぎんなんは弾力あって、新物みたいだった。

釜飯のごはんは、やや柔らかめ。しょうゆ色薄めで、具が引き立つ色。炊き込みご飯の素などにある特有のくさみはなく、すごく上等に炊きあがっていた。

水加減のせいか、蓋の閉め方や火加減のせいか、ご飯が少し柔らかめ。

鶏ごもくは、山菜より具が豪華。大きめの海老、鶏肉、三つ葉などが入ってた。鶏肉は味をしっかりつけてスライスしてあった。

サラダは、レタス、枝豆、生ハムなど入ってて、量たっぷりめだった。
吸い物は豚汁。こんにゃく、だいこん、にんじん、ごぼう、さといも、豆腐など、具の種類豊富。作りたてなので、とんかつ店の豚汁より、豚肉がパサパサしてなくて、家庭的で和める味に仕上がっていた。

釜めしは、ご飯茶碗に軽く3杯くらいあるので、食べたという充実感が得られた。
途中から、子どもにはデザートのリンゴをほおばらせ、お母さんたちは、おのおの自分の釜めしのおこげ取りにすっかり夢中になってた。

「こういう(釜のこと)の洗うの大変だよねー」
「やっぱり、外食は楽だよねー」

といいながら、大満足で帰途についた主婦たちでありました。おすすめ度は8.1。

◇ランチタイム 11:00〜14:00(月〜土) 夜営業 17:00〜24:00 日定休、祝日営業
◇ランチメニュー、¥680〜
◇カウンター席5、座敷席4人×11 テーブル席2人×5   ◇駐車場…約20台



tsukubalunch1 at 10:09コメント(0)トラックバック(0) 

2002年10月29日

 02.10.29 前回02.8.7
茨城県つくば市吾妻3丁目13−9 Tel 0298-51-1767 
友朋堂書店近く 地図中央の赤い十字が店の位置

◇久々に行ったら、前と違ってかなり混んでた。もしかして、このHPのせい!?

何とか空いてた席に座れた。テーブルには、ランチョンマットや箸置きなどは準備されてない。
厨房では、店主が1人でてんてこまい。奥さんも、食後のコーヒーをだすなど接客で大忙しの様子。(お茶とおしぼりはちゃんと出てきた)

この日の日替わり¥880は、焼き魚(赤魚)。私は初めて天丼¥980を注文した。

しばらく待って、料理が出てきた(トレイにはのってない)
天丼、小鉢3つ、みそ汁が付いてた。

天丼は、海老2匹、ししとう、かぼちゃ、えのき、青しそ、かきあげ、などが立てかけるようにご飯の上にのせてあった。揚げたての天ぷらは衣がサクサクしてた。衣にやや甘みを感じたのは、気のせい?(それとも加糖してあった?)
かかっていたつゆは、かなり甘さが勝っていた。砂糖(みりん):しょうゆ=1:1、これより砂糖(みりん)を多く入れると甘みの強い味になっていく…。

小鉢は、冷や奴、ゴボウサラダ、大根のキムチだった。(大根のキムチは、漬け物だったのかも)キムチは、個性が強いので、和食の小鉢としては、あまり合わないみたい。みそ汁は、豆腐と斜め切りの長ネギだった。

隣席の男性は海鮮丼を食べてた。まぐろ3切れ、サーモン、いか、かつお、かんぱち、たこ、大根のつまが並んでる上に、小さなうにがのっていた。うには小ぶりだったが、魚類の鮮度はすごくいいみたいだった。

魚介類は季節で種類変わるし、価格の変動があるので、いつも同じ内容と価格を保つのはすごく難しい。
しっかり誠実な内容のものであるなら、多少内容が変わっても客としては納得すると思が、見本品の展示があればもっといいなっ!

店主は指をけがしてた。こういう忙しい時は、アルバイトの人とかを頼んで、体と心をしっかり休めて、周りに振り回されないように、楽しく料理をしてほしいなあと思っちゃう。おすすめ度は、7.9。

◇ランチタイム 11:45〜13:00 (月〜金) 夜営業時間 17:00〜23:00
◇ランチメニュー、¥880〜
◇カウンター席5、座敷席4人×5    ◇駐車場…3台?



tsukubalunch1 at 17:01コメント(0)トラックバック(0) 

2002年10月27日

 02.10.27 前回01.12.16
西大通りから土浦学園線への抜け道、真ん中あたり   地図中央の赤い十字が店の位置
つくば市小野崎308-15 TEL0298(51)1413

◇1年ぶりくらいに行ったら、店頭にデッキ席が完成してた。

店内は以前とほとんど変わってない感じ。
月〜土はランチメニュー(¥880くらい)があるけれど、今日は日曜なので、通常メニューからひれとんそば¥780を注文した。
セルフサービスのコーヒーはあって、豚汁のセルフサービスはなくなってた。

トレイでひれとんそばが出てきた。(ごはん、つけもの、みかん付き)

ひれとんそばは、冷たいかけそば(つゆ少ない)の上に2.5cm×6cmくらいの揚げたてのひれかつが4つのっていた。ひれかつは、肉が柔らかめで、(つゆにどっぷりつかってないので)衣の一部はサクサクしてた。ごはんは、かやくめしとかじゃなくて、白飯の上に昆布がのってるものだった。ねぎなど薬味は付いてなかった。

そばは、しこしこコシがあった。そば打ちの腕、上達したみたいで、以前はなかった100%そばというメニューが登場してた。

かきフライ定食¥800(豚汁、漬け物、みかん付き)はかきフライが6つくらいにタルタルソースが添えてあった。
タルタルソースは、あんまりタルタルっぽくなくて、マヨネーズに近い感じの味だった。

この店のフライは、食感とか味がライトな感じで、さくさく、あっさりフライが食べれる。

以前、木で作ってあったメニューが、紙製の一般的なものになってて、姫かつ丼とか殿かつ丼とか、見ただけじゃよくわからない品名が載っていた。

純粋にとんかつを楽しみたい人にはものたりないかもしれないが、そばととんかつ両方が一度に食べたい時にいい。おすすめ度7.4 。

◇ランチタイム11:30〜14:30(月ー土) 夜17:30〜22:00  水定休
◇ランチセット\880〜。他に、ひれとんそば¥850、ロースかつ(小)単品¥700、ライスセット¥250など
◇テーブル席、お座敷席(個室・子どもメニューあり) 駐車場…15台以上



tsukubalunch1 at 09:58コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
最新記事