2002年09月

2002年09月29日

02.9.29  前回02.6.23
土浦学園線沿い、408号分岐点  地図中央の赤い十字が店の位置

◆ラーメン¥500

ここのラーメン、具が、焼き豚、メンマ、ねぎというシンプルな内容。

醤 油色濃いめの男性的なスープ、歯ごたえしっかりある太麺、いかにもネギっぽい斜め薄切りネギという個性的な3つの組み合わせが、上品なタイプというより生 活に根ざした味と存在感があって(大きめの和風柄の丼はちょっとおしゃれな感じだが)、その食べたという実感をもてるところが気に入っていた。

食べ始めはごま油風の香ばしく、麺はやや硬めに茹でてあって歯ごたえあるし、具はいつもと同じなのだが、肝心のスープが以前とはちがうみたい。食べ進んでいくとスープの味が単調でえぐみが感じられた。

これだったら、普通のラーメンという感じで、私の好みのタイプからは少し離れてしまった気がした。
(もともと醤油色の濃いスープは、えぐみのある場合が多くて私はにがてなので…。)

厨房からは、中華鍋で炒めものをしてる音とにおいが漂ってくる。
調理人のおじさんたちは、ちょっと茶色っぽくなったロゴ入りの紙製の帽子をかぶっていた。

ここの接客係のおばさんたちはみんな、いつもお化粧をしっかりしてるなあ。食べてみようと思ってた、豚キムチ炒めはなくなってしまったみたい。
後から入店してきた人(私たちと同じメニューを頼んだ)の方に先に料理がきて、がっかりした。

冷たいアルカリイオン水が飲めて、ボリュームのある定食(野菜炒めとかレバニラ炒めとか)がいろいろある。この前とかなり味が違うみたい。おすすめ度は下降して6.8.
◇営業11:00〜 。  無休
◇カウンター席7、座敷席4人×4、テーブル席4人×8。◇駐車場…10台?

tsukubalunch1 at 21:19コメント(0)トラックバック(0) 

2002年09月28日

 02.9.28    初めて行った店
つくば市大字栗原4076-1 tel 0298-52-3508 地図中央の赤い十字が店の位置

◇東大通り沿いにランチの旗が出ていた。どこにお店があるのかなあと思って、雑木林の小路を入っていくと、20m位先に喫茶店風の平屋の建物があった。店頭にランチの表示があったので、入ってみることにした。

店 内はちょっと古めいた感じで、左手側にL字のカウンターがあり、右手側がテーブル席があった。迎えてくれたのは、きりっとした顔立ちで髪の白っぽい年輩の 男性だった(この人が店主)。カウンター内にいたやさしい感じの年輩女性が奥さんのよう。夫婦でこの店を切り盛りしてるみたい。

玄関入ったすぐのところに、手書きのおすすめメニューのボードがあって、そこにはホタテ、えび、たこ、いかなどの魚介類のフライ盛り合わせの定食が3種ほど書いてあった。
店内を見渡すと、カウンターの上部の壁などにも定食メニューがいっぱい貼ってあった(50種以上)。
揚げ物が中心で、焼き魚、カレーなどもあって、どれも¥700前後くらい。

どれにしようかなあ…とかなり悩んで、とんかつ定食を注文した。

接客は主に店主の担当で、調理は夫婦2人でやってるみたい。
特に打ち合わせしてる様子はないけれど、お互いにうまく補いながら作業すすめている姿に、共に生きてきた年月が感じられた。

料理が出てきた。
とんかつ(千切りキャベツ添え)、小鉢3つ、ごはん、みそ汁が付いてた。
とんかつは、衣がやや厚めでしっかりしてて、ちゃんとした大きさのものだった。キャベツのほかに、温かいバター炒め風のコーンも添えてあった。

小鉢は野菜炒め、温泉玉子、厚揚げの煮物の3種は素朴な味わいがあった。
大根の入ったみそ汁もすごく家庭的だった。

おすすめメニューのミックスフライ定食は、海老、ほたて、わかさぎ、インゲンなど、とにかくいろいろもりあわせれてて、ボリュームがたっぷりだった。
隣席の男性客はカレーを注文したら、定食と同じように、小鉢3つにみそ汁もついてた。

とんかつ定食には紅茶がついてて、店内にかかっていた音楽(昭和20年代くらいの洋楽って感じ)とともにレトロな雰囲気。(ついでに泡洗浄のトイレは超珍品!)

林の中にひっそり建ってるこういう店で、親元にいるみたいなぬくもりのある料理が食べれるとは思わなかった。おすすめ度7.2。
◇営業時間11:00〜19:30(ラストオーダー) 最近は日休
◇ランチメニュー5種(¥800〜)。他に定食多数(¥650〜)
◇テーブル席4人×2、2人×2、カウンター席10くらい ◇駐車場…8台?



tsukubalunch1 at 21:18コメント(0)トラックバック(0) 
 02.9.28    初めて行った店
つくば市大字栗原4076-1 tel 0298-52-3508 地図中央の赤い十字が店の位置

◇東大通り沿いにランチの旗が出ていた。どこにお店があるのかなあと思って、雑木林の小路を入っていくと、20m位先に喫茶店風の平屋の建物があった。店頭にランチの表示があったので、入ってみることにした。

店 内はちょっと古めいた感じで、左手側にL字のカウンターがあり、右手側がテーブル席があった。迎えてくれたのは、きりっとした顔立ちで髪の白っぽい年輩の 男性だった(この人が店主)。カウンター内にいたやさしい感じの年輩女性が奥さんのよう。夫婦でこの店を切り盛りしてるみたい。

玄関入ったすぐのところに、手書きのおすすめメニューのボードがあって、そこにはホタテ、えび、たこ、いかなどの魚介類のフライ盛り合わせの定食が3種ほど書いてあった。
店内を見渡すと、カウンターの上部の壁などにも定食メニューがいっぱい貼ってあった(50種以上)。
揚げ物が中心で、焼き魚、カレーなどもあって、どれも¥700前後くらい。

どれにしようかなあ…とかなり悩んで、とんかつ定食を注文した。

接客は主に店主の担当で、調理は夫婦2人でやってるみたい。
特に打ち合わせしてる様子はないけれど、お互いにうまく補いながら作業すすめている姿に、共に生きてきた年月が感じられた。

料理が出てきた。
とんかつ(千切りキャベツ添え)、小鉢3つ、ごはん、みそ汁が付いてた。
とんかつは、衣がやや厚めでしっかりしてて、ちゃんとした大きさのものだった。キャベツのほかに、温かいバター炒め風のコーンも添えてあった。

小鉢は野菜炒め、温泉玉子、厚揚げの煮物の3種は素朴な味わいがあった。
大根の入ったみそ汁もすごく家庭的だった。

おすすめメニューのミックスフライ定食は、海老、ほたて、わかさぎ、インゲンなど、とにかくいろいろもりあわせれてて、ボリュームがたっぷりだった。
隣席の男性客はカレーを注文したら、定食と同じように、小鉢3つにみそ汁もついてた。

とんかつ定食には紅茶がついてて、店内にかかっていた音楽(昭和20年代くらいの洋楽って感じ)とともにレトロな雰囲気。(ついでに泡洗浄のトイレは超珍品!)

林の中にひっそり建ってるこういう店で、親元にいるみたいなぬくもりのある料理が食べれるとは思わなかった。おすすめ度7.2。
◇営業時間11:00〜19:30(ラストオーダー) 最近は日休
◇ランチメニュー5種(¥800〜)。他に定食多数(¥650〜)
◇テーブル席4人×2、2人×2、カウンター席10くらい ◇駐車場…8台?



tsukubalunch1 at 21:17コメント(0)トラックバック(0) 

2002年09月27日

02.9.27 前回01.12.14    店のHP
国道6号線沿い。東大通りより1km南 地図中央の赤い十字が店の位置
土浦市荒川沖6-138 TEL 0298-41-0022

◇なす焼き付きの魚の定食が食べたくなって、久々に行った。

厨房前のビールサーバーの上と横には、優勝したジャイアンツの人形が(2つ)飾ってあった。地味だけど、こういうちまたの話題を感じさせる演出って、なかなかいい。

茶髪の若い女性が接客係として働いていた。ジーンズにユニフォーム風の黒エプロンを着用し、小柄でほっそりしてて、20歳前くらいに見えた。

関あじ、関さば、アラ、さめの心臓などのおすすめの刺身定食の中から、なす焼きじゃなくとんかつ付きの関さばの刺身定食を注文した。

1 人で入店してきた男性が、席についてすぐ、2杯の酎ハイを注文してた。その後、接客係の若い女性がひぱってきた小皿料理のったワゴンから、2皿(なす焼き とレバ刺しだったみたい)つまみを選んで食べはじめた。連れ用に2杯注文したのではなく、(お酒は小皿料理サービス付きなので)まず2杯注文して、2皿の 料理を楽しみながら酎ハイも飲んでたみたいだった。

関さばの刺身定食がきた。
関さば(6切れ付き)は、皮目のところが銀色に光っていて、身の色も通常のさんさばより赤色が薄い感じ。きめの細かい身は、食べてみるとさば特有の青くさ さがなくて、ぷりぷりと弾力感があった。脂はのってるが、上質でさらっとしたのり方。(これだったら、青身魚の苦手な人でも大丈夫そう)

前回も思ったのだが、刺身のつまは、大根が短めの感じ。箸でつまみやすくて、少しやさしい歯ごたえ(切り方の影響かな)

副料理長が厨房で揚げてたとんかつは、熱々でさくさくしてた。(ちゃんと食べやすい大きさに切ってあった)

これにごはん、みそ汁、納豆が付いてる。
ごはんはいっぱいのお米を炊いた感じの味で、若干柔らかめかも。みそ汁はワカメとなめこだった。納豆には、刻みネギがトッピングされてた。

隣席の1人できてた女性客は、サンマの刺身定食を食べてた。

スーパーなどでは入手しにくい旬の魚が、とんかつや海老フライやなす焼きなどの付いたボリュームたっぷりの定食で楽しめる店。おすすめ度は7.2。
◇ランチメニューなし。営業時間10:30〜23:00。日祝休み
◇ロースとんかつ定食¥900、マグロほほ肉ステーキ定食¥1200など
◇テーブル席15卓、座敷席5つ(どれも6人掛け)◇駐車場…大型60台

tsukubalunch1 at 21:20コメント(0)トラックバック(0) 

2002年09月26日

02.9.26  前回02.9.9
Fオークラフロンティアホテルつくば2F  地図中央の赤い十字が店の位置
つくば市吾妻1-1364-1 TEL0298(52)1112   

◇ランチ弁当を食べに行こう!と誘われて、行くことになった。
毎月1回しかないメニューなので、この日を逃したら次は1ヶ月先になる。

席に案内され、無事注文できた!やはり、店内はかなり混んでた。

そんなに待たずに料理が出てきた。
この前の3種弁当は、期待が大きすぎたためか、ちょっと寂しく感じたので、今日は少し気持ちは抑え気味にしてある。

料理内容は、生姜焼き、茶碗蒸し、鮭唐揚げのあんかけ、小鉢2種、ごはん、お椀、漬け物だった。

生姜焼きは、やや厚めの薄切り肉(肩ロースっぽい)2枚香ばしく焼けてたが、火加減が強すぎたのか、焦げの黒い粒子がちょっと混入してて、見た目と味に少し影響してる感じ。
鮭の唐揚げのあんかけは、片栗粉で揚げた鮭に、椎茸とえのき入りのかつおのだしの効いたのあんがたっぷりかかっていて、とても秋らしい1品。茶碗蒸しは味も器もとても優雅!

小鉢は、温めた豆腐の上に田楽風みそがかけてあるものと、シャキシャキした歯ごたえの山菜(山クラゲかな?)だった。両方はじめての品だったが、シンプルな中に、味わいや秋らしい食感が感じれた。

手作り風の大根の漬け物、しじみのみそ汁もついてた。

料理全体に生き生きした印象があり、食べててとても楽しかった。
わたしもおいしい料理作ろうっと!おすすめ度9.0!
◇ランチタイム11:30〜14:00(月〜金)。 無休
◇日替わりランチ¥950(コーヒーor紅茶付き)、天ぷら定食¥1500、松花堂弁当¥2500など。
◇テーブル席4人用が10位、お座敷席4人用が4位、(個室もあるみたい)◇駐車場…契約駐車場

tsukubalunch1 at 21:21コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
最新記事